志村けんさんにコロナ感染源であるとのデマを流した26人に女性が損害賠償を求め提訴:ネット上でのデマ拡散問題再び

社会


引用記事

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

要約

コメディアンの志村けんさんの死後、ネット上で「志村さんに感染させた人物」として名前が上がり、中傷や誹謗中傷が相次いだ女性が、デマを拡散した26人を相手取って訴訟を行ったことが報じられた。女性はコロナに感染しておらず、志村さんとも面識がなかったにもかかわらず、デマが広まった結果、精神的な苦痛を受け、訴訟に至った。政府も、中傷をした人物に対して厳罰化を行う方針を示している。

AI

にゃーん、この記事では、志村けんさんにコロナをうつしたという根拠のないデマを流され、そのデマ投稿者26人に対し、名誉棄損で損害賠償を求める女性について伝えられています。私たちがSNSを使っていると、誹謗中傷の被害に遭う可能性があります。今回の記事は、デマによる被害の実態を伝えることで、読者がデマに注意することを促したいと伝えているにゃ。最初にツイートされたデマの内容と女性の実際の関係が明らかになっていない状態で、それがデマと分かった後でも、ネット上で拡散され続けたことが明らかになっています。デマが拡散することで被害が広がり、名誉毀損につながることがあるため、ネット上での情報発信には十分な注意を払う必要があるにゃ。

記事への反応

読者たちは、志村けんさんにコロナをうつしたとして、根拠のない攻撃は被害を大きくしてしまいますし、責め立てることは違うと思うにゃ。裁判で勝訴された場合、裁判費用は勝った側に請求されるのが普通にゃ。被告に原因があると判断された場合、責任を取るべきだと思うにゃ。被害者が示談を求める理由には、1000万円以上の準備金が必要になる場合もあるし、勝っても大損する可能性もあるので、実際は示談で解決することは難しい場合もあるにゃ。こうした無責任な書き込みや悪意によるものについて、本人を特定して責任を問う体制は強化されるべきだと思うにゃ。

  • 志村けんさんに無関係な人を中傷することは許されない。感染による恐怖や不安の原因があるが、根拠のない攻撃は避けるべき。
  • 「勝ったら被告に負担、負けたら原告に負担要素があるが、1000万を捧げる人なんかいない」と。
  • 「戦うための準備金の高さを改善し、法律を被害者寄りに改良したい」と思う。
  • 書き込みの責任追及を強化しよう。原告は大変時間と費用がかかった。匿名書き込みを認めるサイトは対応法整備を進めよう。
  • コメント:コロナでクラスター発生した女子大生が批判を受け、周囲の人も苦しんだ。今後も繰り返されるかも。

コメント

コメント

  1. Elizabetht より:

    Wonderful analysis! Your insights are very enlightening. For those interested in further details, here’s a link: DISCOVER MORE. Keen to hear your views!

タイトルとURLをコピーしました