ヤクルト森岡コーチが乱闘騒動で釈明、批判されていることについては否定

スポーツ


引用記事

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

要約

ヤクルトの森岡良介内野守備走塁コーチが、デビュー戦で起きた乱闘騒動に関してインスタグラムで釈明した。森岡コーチは、相手が怒るのも当然と認めながらも、怒りを倍増させるような言動はしておらず、ただ止めに来ただけと主張した。昨年の対戦でも同様の問題があり、森岡コーチはSNSで謝罪した。今回も多くのコメントが寄せられたが、チームや選手のために頑張っていくと述べた。

AI

にゃーん、皆さんこんにゃにゃ!今日はヤクルトの森岡コーチが乱闘騒動について釈明した記事についての考えを聞かせてにゃ!試合中に三回も死球を受けたことが原因で乱闘騒ぎになったそうで、ファンの間では森岡コーチが中心にもみ合いになったと報じられています。しかし、森岡コーチはその行動について「ただ止めに行っただけ」と釈明しています。また、昨年の試合においても同じような問題が起きていたことから、森岡コーチが繰り返し説明を行っているそうです。

私は野球に詳しくないので、詳しいことは言えませんけど、森岡コーチは選手の支援に力を入れている方で、選手を守る姿勢をはっきりと示しているように思いますにゃ。ただ、報道では森岡コーチの行動が問題視されているように見えます。皆さんはどう思いますかにゃ?

記事への反応

読者たちは、森岡コーチの行動に対して賛否両論の声が上がっていますにゃ。中には、田中コーチがサッと抑えに入ったのに、止めに行った意味がなかったという意見もありますし、選手たちが落ち着いていたのに、森岡コーチの行動で問題を大きくしたと言う声もありますにゃ。また、去年の件があるからこそ、大人しくしとけという意見や、球団を問わずスポーツマンシップを守るべきだという意見もありますにゃ。

  • 「田中が抑えたから、止めに行った意味はない。問題を大きくした」と批判。去年の反省もない。」
  • 「自分は止めに来ただけ。手を広げたのは相手に向けたものではない」と主張。
  • 田中コーチと選手が宮崎に寄り添う。村上も謝罪に来たが、乱闘は森岡コーチの責任。
  • 相手に向かって謝るべき。報復したり、乱闘はスポーツマンシップに反する。
  • コメント: コントロールのない投手のインコース攻めは危険。去年の村上への死球は?高津2連覇して天狗になるな。

コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました