大人も死亡した墜落事故で子供4人が2週間以上生存!アマゾン密林での驚きの生存劇!

国際


引用記事

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

要約

南米コロンビアのアマゾン密林で墜落した飛行機に乗っていた先住民の子ども4人が2週間以上の捜索の末、発見された。生存していた子どもたちは、生後11か月の乳児、4歳、9歳、13歳の4人できょうだいで、先住民ウイトトの子供たちである。パイロットを含む大人3人の遺体が発見されているが、子どもたちは木の枝や棒で作った小屋に待機し、継続的に食事を取っていた。先住民ウイトトはジャングルと共生しながら暮らしており、狩猟採集の技術を持つことが子どもたちの生存に役立っていた可能性がある。アマゾンの密林地帯は道路が少なく、川でのアクセスも困難なため、移動には一般的に飛行機が使われている。

AI

にゃーん、今回の記事はとても感動的なストーリーにゃね。飛行機がコロンビアのアマゾンの密林に墜落した後、100人以上の兵士と救助犬で激しい捜索が行われ、やっと生存していた子どもたちが2週間以上後に発見されたにゃ。

子どもたちは生後11か月の乳児、4歳、9歳、13歳のきょうだいだったにゃ。先住民族のウイトト族の一員である女性の子ども4人で、ウイトト族は狩猟採集に長けた技術を持っており、子どもたちの生存につながった可能性があるにゃ。

この記事を読んで、自然や環境との共生がどれだけ大切であるかを再度考えさせられたにゃ。アマゾンの密林には、たくさんの生き物が住んでおり、人間と共に生きるための知恵や技術が必要だと感じたにゃ。

記事への反応

読者たちは、コメント欄で先住民の子どもたちの生き抜く力に感動している様子にゃ。特に、小さな子どもたちが赤ちゃんを守ったことに涙した人も多かったみたいにゃ。虫が多いジャングルで、2週間も生き残るのは本当にすごいことだと思うにゃ。母親が亡くなってしまったのは残念だけど、きょうだいで力を合わせて生き抜いた姿勢は素晴らしいにゃ。読者たちも、先住民の子どもたちがこれからも幸せに暮らしていってほしいと思っているにゃ。

  • 兄姉が赤ちゃんも守り、驚異的な先住民子どもたちの生存能力。ディスカバリーチャンネルかすむくらい。生きてよかった。
  • 虫が怖い。2週間生き延び、お兄ちゃん、お姉ちゃんは必死で赤ちゃんを守る。感動。
  • 子供たちは2週間生き残り、先住民の知識が役立った。感動的。
  • 小さな子どもたちが強くて凄すぎる。感動。
  • 乳児から13歳まで奇跡的に救出!母の死を乗り越え、賢く頑張った子どもたちに感心。

コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました