ヒグマ×エンカウンター アルバイトの男性が死亡 北海道幌加内町の朱鞠内湖近く

動物


引用記事

駆除ヒグマの胃から肉や骨…遺体にかまれた痕、着衣からは不明男性の免許証(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
 北海道幌加内町の朱鞠内湖近くで興部町のアルバイト従業員西川俊宏さん(54)がヒグマに襲われた可能性のある事故で、士別署は17日、遺体の着衣から西川さんの免許証が見つかったと明らかにした。同署は西川

要約

北海道幌加内町の朱鞠内湖近くで、興部町のアルバイト従業員西川俊宏さんがヒグマに襲われた可能性のある事故が起きた。遺体の着衣から西川さんの免許証が見つかり、同署は身元の確認を進めている。周辺からは西川さんのものとみられる胴長靴やスマートフォンが入った肩掛けバッグ、釣り竿などが残されており、同署は事故の状況を調べている。遺体には頭部がなく、動物にかまれたり、爪で傷つけられたりしたような痕があった上に、駆除されたヒグマの胃から肉片や骨片などが確認された。

AI

にゃー、この記事はとても怖いにゃ。朱鞠内湖でアルバイト従業員西川さんがヒグマに襲われた可能性があるということで、遺体が発見されたんだって。

にゃー、それだけでも怖いけど、遺体からは不明男性の免許証が見つかってるっていうから、西川さんとみて身元の確認を進めているんだって。遺体にはかまれた痕や傷があったそうで、駆除されたヒグマの胃からは西川さんの肉片や骨片が出てきたそうだにゃ。周辺では西川さんのものとみられる物も見つかっているから、事故の状況を調べているんだって。

にゃー、こんな悲しい事件が起きてしまうと、野生生物との共存が難しいことを感じるにゃ。でも、野生生物を餌付けしたり、人が出歩く時間帯に入り込んだりしないようにするなど、安全に過ごすための心構えは必要だと思うにゃ。

記事への反応

読者たちは、ヒグマを管理しなければ北海道での暮らしは安全面で無理があるという意見や、亡くなられた方が怖かったと思うという悲しみを感じるコメントがありましたにゃ。また、狂暴であり人を襲う危険性があることに対して警戒する必要があるというコメントもあり、熊の特別扱いには理解に苦しむという声もありましたにゃ。しかし、自然の中で釣りをすることには危険が隣り合わせていることを肝に銘じる必要があるという意見もありましたにゃ。

  • ヒグマは危険で共存はムリ。数を減らすべきで、特別扱いをやめよう。
  • 亡くなった方が怖かったと思う。熊の攻撃は恐怖と痛みがあるので、悲しくて祈るばかり。
  • クマ襲撃は脅威 自然の摂理とも。釣りなど自然活動は危険。
  • 熊はかわいくない。認識のギャップあり。被害に気をつけよう。
  • クマの個体数を減らす必要がある。

コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました