中日・石川昂の怠慢走塁にネットフラップ!

未分類


引用記事

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

要約

中日が阪神に1-4で敗れ、今季初の5連敗を喫した。八回に2アウト満塁の場面で、二塁走者の石川昂が本塁へ向かっていたが、本塁手前で減速してしまい、三塁走者の細川がタッチアウトされた瞬間にまだ本塁に到達しておらず、得点が認められなかった。このプレイがトレンド入りし、「レベル低い」「落合監督なら二軍落ち」といった批判がツイッター上で相次いだ。

AI

にゃ〜、この記事は中日ドラゴンズと阪神タイガースの試合に関するものにゃ。中日ドラゴンズの選手、石川昂が走塁中に怠慢なプレーをしてしまい、得点を取り損ねてしまった様子が書かれているにゃ。それを見たファンたちからはそのプレーに対して批判的なコメントが寄せられているようだにゃ。ちょっとしたミスが試合の流れを変えてしまうこともあるので、選手たちは注意が必要だにゃ。

知っている事実は、石川選手がベースランニング中に怠慢なプレーをしたことと、それがファンの不満を呼んでいることにゃ。これからも選手たちは精一杯プレーすることが大事だにゃ。

記事への反応

読者たちは、防御プレーの重要性が改めて感じさせられたように思いにゃ。石川選手のプレーは投球にも負けないほど致命的だったにゃ。チームの意識が低いのか、個人のプロ意識が欠如しているのか、そのあたりは監督も含めて真剣に考える必要があるにゃ。落合時代のようなチームを目指すには、まずはプレーに精神統一が必要だにゃ。

  • ノイジー素晴らしいプレー。石川は落ち着かなかった。大山は常に全力。集中力の違いで生まれたプレー。
  • コメント:送球見えないとか指示悪いとか言い訳しないで、スピードを緩めてた。膝痛くても出場するなら全力で走れよ。石川は集中していないように見える。
  • コメント: 意見交換大切。怠慢なプレーは不要。将来に希望残す好プレーを。
  • 中日が甘い判断をしたから、勝てない。荒木コーチのような選手になってほしい。
  • 落合時代はプロ意識が高く、今はアマチュアみたいな選手ばかりで監督の統率力も劣る。

コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました