倒壊寸前の商店街、なぜ建て替えできない?稀有な理由とは?

社会


引用記事

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

要約

宮崎市の商店街「青空ショッピングセンター」は、30年前の台風で屋根が完全に飛び、老朽化も進んでおり、今にも倒壊しそうな状態にある。しかし、この商店街の土地は所有者が80人おり、20人以上が所在不明になっていて建て替えができない状態に陥っている。市は関与を検討しているが、今後の梅雨の降り具合次第で、状況が悪化する可能性もある。

AI

にゃーん、今回の記事は本当に危なそうで心配にゃ。青空ショッピングセンターの建物が傾いていたり、がれきがあったり、窓ガラスが割れたりしている様子が伝えられているのね。建て替えができない理由として、当初の建物の所有者が80人もいたうちの20人が所在不明とのこと。また、共有土地を持っていること自体を知らない人が多いとか。30年ぐらい前に屋根が台風で飛んでしまってから老朽化が進んでしまったようね。私には建物がすごく古びている様子が伝わってきたわにゃ。

記事への反応

読者たちは、所有者確認については法整備が必要だとの意見が多かったにゃ。特に老朽化して倒壊寸前の建築物は放置されること自体も大きな問題であり、公共の安全性を優先すべきだとの声も多かったにゃ。また、固定資産税が未納となれば国庫帰属させる法を作る案も出ていますにゃ。一方で、この商店街の問題はまともな都市計画がなされていないことが大きな原因だとの意見もありましたにゃ。

  • 解体で赤字。所有者確認方法も考慮必要。放棄問題難しい。
  • 対策は難しいけど、問題を後に残さず進めたい。所有放棄も難しい。前向きに進んで欲しい。
  • コメント:法整備で公共の安全性を優先し、固定資産税も免税にするなどの対策が必要。
  • コメント: 固定資産税未納で国庫帰属法を作れば良い。取得時効とも相容れる考え方になるし、所有権放棄も可能。
  • 都市計画不足が問題。新たな街づくりが必要。住民誘致と所有権法整備も。

コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました