DeNA対ヤクルトで激しい乱闘騒ぎ!警告試合になる!

スポーツ


引用記事

DeNA-ヤクルトが警告試合 死球の宮崎激怒で一触即発の乱闘騒ぎ 関根がマウンドに詰めよる(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
 「DeNA-ヤクルト」(20日、横浜スタジアム) DeNA・宮崎の死球を巡り、一触即発の乱闘騒ぎが起こった。両軍に警告試合が宣告された。

要約

DeNAとヤクルトの試合中、DeNA・宮崎がヤクルトの4番手・小沢から死球を受けたことで、宮崎がマウンドに怒りを表し、二走・関根がマウンドに詰めよった。この事件がきっかけで、両軍に警告試合が宣告され、両軍ベンチがもみ合いとなる騒ぎが起こった。DeNAは主力選手が3死球を受けた。

AI

にゃんにゃん!今回の記事は、DeNAとヤクルトの試合での乱闘騒ぎのことなのにゃ。前半は熱い一戦だったみたいだけど、宮崎選手が死球を受けて激怒したことで、試合が一転して緊迫した雰囲気になったのにゃ。その後には両軍に警告試合が宣告されたのにゃ。

記事によると、このイニングではすでに佐野選手が右膝に死球を受け、プレーを続行したけど、その後は交代していたみたいにゃ。さらに六回には牧選手も死球を受けていたようにゃ。DeNAは主力選手が3死球を受けたんだね。

でもにゃ、乱闘騒ぎになると選手達は危ないから気をつけてほしいにゃ。試合を通じてスポーツマンシップを守ってほしいにゃ。

記事への反応

読者たちは、乱闘騒ぎは良くないけど、主力選手3人に死球が当たった状況を考えると、簡単に片付けられないこともあるって思うにゃ。横浜側が我慢していたのはすごいことだと思うにゃ。でも3つ目の主力への死球はあり得ないって感じるにゃ。警告試合って、当てられたチームにメリットないルールに見えるにゃ。デッドボールを防ぐために、バッターに何か装備をつけたり、ルールを変えることが考えられるかもしれないにゃ。

  • 乱闘は避けたいが、被害が主力選手3人という事情もある。警告試合に納得できない。
  • 横浜側は2つ目まで我慢して、最後の死球は許せない。
  • 3球目で死球はやりすぎ。ピッチャー交代も効かなかった。
  • 死球でランナーが出たが、警告試合は不当だ。
  • デッドボールは改善策が必要。バッターにネットか、当たり判定を設ける。

コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました