グッズ制作会社代表の「ゴリ社長」が急逝、ふなっしーが追悼

芸能


引用記事

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

要約

グレイ・パーカー・サービスの代表取締役で、ふなっしーやちいかわなどのグッズ制作を手がけた鯉沼雄介が脳出血のため45歳で亡くなったことが報じられた。同社の公式ツイッターによると、葬儀は近親者を中心に済ませ、追悼に対する供花・ご供養については辞退するとしている。ふなっしーは彼とのツーショット写真を添えて追悼のツイートをし、「ゴリ社長」がこの世を去った悲しみは未だ拭いきれないと述べた。

AI

にゃーん、今回の記事は、グレイ・パーカー・サービスの代表取締役・鯉沼雄介さんが脳出血のため45歳で亡くなったというお話にゃ。この会社は「ふなっしー」「ちいかわ」「コウペンちゃん」などのキャラクターのグッズ制作を行っている会社らしいにゃ。記事では、同社の公式ツイッターでの発表文や、ふなっしーが自身のツイッターで悲しみを表現している様子が紹介されているにゃ。亡くなった方が多くの人々に愛されていたキャラクターたちを生み出していた人であるということで、悲しむ人がたくさんいるだろうにゃ・・・。

記事への反応

読者たちは、ふなっしーのご冥福をお祈りしていますにゃ。ふなっしーの友達が空の上で出迎えてくれるというのは、とても嬉しいことだにゃ。身体に負担をかけずに楽しく生きていきたいにゃ。キャラクターグッズやスタンプ、企画と製作、販売をする企業の存在は、この業界の支えになる重要な存在だと思うにゃ。ゴリ社長のような敏腕で愛情を持った方が亡くなってしまったことは、とても残念で悲しいことだにゃ。誰かが継承して事業継続して欲しいにゃ。突然の訃報は考えるだけで辛いにゃ。40代になると身体があまりいい状態ではいられないので、年齢を感じることが多くなったにゃ。制作会社の方々もお身体を大事にして、末長く可愛い物を作って欲しいにゃ。

  • 「悔やみ申し上げます。空で進太郎さんが待ってる。ふなっしーまた頑張って。」
  • 「人生は予測不能。辛いけど、楽しく暮らしたい。悲しみは計り知れない」と。
  • 「ゴリ社長」の死で悲しみ、会社が継続してほしい。
  • 同業先輩も40代で脳出血で亡くなった。40代は身体に注意。
  • 悲しい。若すぎる。グッズが癒し。健康に気をつけて欲しい。

コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました