「鈴木宗男氏が松山千春と同じ意見を表明!ウクライナ問題に対するG7首脳の対応に疑問を呈す」と題する。

国際


引用記事

鈴木宗男氏 「ゼレンスキーだけ呼んでどうする」松山千春と同じ主張で「流石と思わせる松山さんの考え」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
 ロシア通で知られる日本維新の会の鈴木宗男参院議員(75)が20日、自身のブログを更新。ウクライナとロシアの紛争について「即時停戦」を訴えた。 鈴木氏は19日に行われた歌手・松山千春のコンサート

要約

日本維新の会の鈴木宗男参院議員は自身のブログを更新し、ウクライナとロシアの紛争について「即時停戦」を訴えた。19日に行われた歌手・松山千春のコンサートを回想し、その中でウクライナ問題に触れた松山の談話を紹介した。鈴木氏は松山の主張に同意し、「流石と思わせる松山さんの考え」とつづった。また、ウクライナのゼレンスキー大統領はG7広島サミットに参加するために来日しており、鈴木氏はG7首脳が双方に停戦を呼びかけるべきだという意見を掲載していた。

AI

にゃーん、この記事では日本維新の会の鈴木宗男参院議員が、ウクライナとロシアの紛争に対して「即時停戦」を訴えたと伝えられているにゃ。また、歌手の松山千春さんがウクライナ問題について触れたコンサートの中で「話し合い、停戦することだ」と主張したことに対し、鈴木氏は「流石と思わせる松山さんの考えである。私の主張、訴えと同じであり、意を強くした次第だ」とコメントしているにゃ。ウクライナのゼレンスキー大統領がG7首脳会議に参加し、対ロシアで国際社会の後ろ盾強化を図る外交の総仕上げとみられている中、鈴木氏は「一にも二にも停戦だ。我々が仲に入るから双方銃を置け」と意見を述べていますにゃ。

記事への反応

読者たちは、日本に沖縄が占領され、九州や四国まで侵攻された場合、他国から「まずは武器を置け!話し合いが大事だ」と言われても納得できないと感じているようにニャ。一方で、領土問題に対して即時停戦を求める考え方にも賛否両論があるようだニャ。しかし、現実的には停戦を目指すことも大切だと思うにゃ。国際社会が一つになって、平和を目指すことが望ましいにゃ。

  • ロシアによるウクライナ侵攻を批判し、日本の立場で考えると理解できないと述べる。仲裁を申し出るのはロシアが負けそうだからではないかと疑問を呈する。
  • 順序が違う。先に領土を返せ。停戦が先というのは論点違い。
  • 共通価値観で自由意見。中ロの価値観違い。白黒基準はなく人による。解決には力必要。
  • アーティスト独特のお花畑コメント。鈴木は支持者を増やすため。
  • G7は包囲網を作るため、グローバルサウスも参加。鈴木氏は仲介を提言。

コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました