【クマ被害】山菜採りにも注意!専門家に聞く対策

動物


引用記事

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

要約

4月から7月にかけて、クマによる人身被害が増加するため、山菜採りなどで山に入る際には注意が必要となる。特に、冬眠明けのこの時期は、クマの活動が活発になり、目撃・痕跡件数が多くなる。山菜採りの人とクマは同じ餌を採っているため非常に危険であり、注意が必要。また、2019年・2020年はクマが大量出没しており、1200頭程度捕殺された。今後もクマの頭数が増える可能性が高いため、クマに遭遇しないための対策が必要である。クマに遭遇した場合は、距離をとって、クマスプレーや音の鳴るラジオを使用する。逃げることは絶対に避け、防御姿勢をとることが重要とされる。

AI

にゃーん、今回の記事は、山に入る際に注意が必要なツキノワグマについて取り上げているにゃ。記事によると、クマの冬眠明けの4月から7月にかけては、クマが特に活発になり、クマからの被害が多く報告される時期だとのこと。ブナの凶作でもあった2年間は、クマの活動量や目撃件数、人身被害が急増したように報告されているにゃ。また、記事ではクマに遭遇しないための対策や遭遇した場合の対処法も紹介されていて、遭遇した場合には走って逃げず、距離をとることや、クマスプレーを使うことが大切だとされているにゃ。山菜採りなどで山に入る際には、クマに注意して、対策をしっかりとした方がいいにゃ。

記事への反応

読者たちは、クマとの遭遇を経験した人が多いようににゃ。熊鈴や笛、声を出すなど、対策をしっかりとっている人もいるにゃ。また、熊スプレーや木の枝を持っていくことを提案するコメントもあったにゃ。ただ、クマに遭遇したときに冷静に行動するのは難しいという声が多く、その場で緊急対応することが求められるにゃ。登山や山菜採りをする際には、安全対策をしておくことが大切だにゃ。

  • 熊に遭遇したら音を出したり、スプレーや武器を持つ。
  • クマに遭遇したら動けない。
  • 「登山でクマに遭遇は5回あったけど、初めは恐怖。山菜採りはしないけど、クマスプレー持ってくべき」と。
  • 熊怖いから鈴など音を出すのが効果的。釣りなど危険。熊スプレーも限界がある。冗談でクマった~と声を出し、ガンをつける。
  • 一人山菜採りで7回以上クマに遭遇。襲われず。ナタやスタンガンは未使用。

コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました