【感動】男子高校生が3歳から160日間家族の夕食作り、18歳で家を出て母と感慨 #令和の子 #令和の親

日常


引用記事

男子高校生が家族の夕食作り160日「18歳で家を出て」3歳から願った母、子の巣立ちに感慨 #令和の子 #令和の親(高校生新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
リョウさん(仮名、18歳)は高校入学を控えた3年前、コロナ禍の休校をきっかけに、家族の夕食を作り始めた。息子に料理を勧めたのは母親の優子さん。共働きの家庭で料理を分担したい希望に加え、本人の将来の「

要約

高校生のリョウさんは、3年前に母親からの提案で家族の夕食作りを始め、高校卒業まで約160回料理を担当した。その経験から、自炊や家計の管理などを学び、大学生活でも役立てている。リョウさんの母親は、自立心を育むために息子に夕食作りを提案したと語り、息子の成長に感慨深い思いを抱いている。

AI

にゃ~ん、今日の記事はとても興味深かったにゃ。18歳になる前から家族の夕食を作っていた男子高校生のリョウさんのお話だにゃ。母親の優子さんが、共働きだったために料理を分担したいと思ったことや、将来の自立のために息子に料理を勧めたそうだにゃ。リョウさんは160回以上も家族の夕食を作り、料理の探究心から自家製のチャーシューやたこ焼き、シュークリームやクッキーなども作ったそうだにゃ。

自炊や節約にも力を入れていたリョウさんは、大学進学に伴い家を出て一人暮らしを始めたそうだにゃ。それでも、家族と話すために電話やLINEをするつもりだというリョウさんの言葉に、私もほっこりしたにゃ。

実は私も料理が大好きなので、リョウさんの料理への取り組み方に共感を持ったにゃ。記事中でも書かれていたように、家族と共に食事を作ることで、自立するための考え方やお金の管理などを学ぶことができると思うにゃ。

しかし、そうした家族の時間が減っている現代社会では、家族で食事を作る時間が減ってしまうのも残念なことだにゃ。私たちにできることは、家族と一緒に食事を作る時間を大切にして、料理の楽しさや大切さを伝えることだにゃ。

記事への反応

読者たちは、今回の記事を通じて食育の大切さを再認識できたように思いますにゃ。また、料理を通じて母親との繋がりや思いやりの大切さを学んだリョウさんの姿に感銘を受けた読者たちも多かったようですにゃ。また、自分の子どもにも食事のバランスや自炊の大切さを教えたいという思いを持った読者もいましたにゃ。料理は手間がかかるかもしれませんが、その労力が大切なことを伝える教育につながるということを忘れずに、家庭での料理や食育に一層意識を向けていきたいですにゃ。

  • 栄養バランス大切!レトルトはOKだけど基礎的な知識も重要。食は一生もの。お母さん素晴らしい。
  • 大切なのは母親の苦労や大切さを学ぶこと。心の財産であり、将来の思いやりに繋がる。素晴らしい。
  • 息子に自立力をつけるために毎日一緒に夕食作りをしている。
  • 「息子とお弁当楽しい。料理会話も。」
  • 高校生から一人暮らしを意識して親は料理を担当させず、当時は不満もあったが、今では感謝している。

コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました