「昭和のヤンキースタイルが蘇る!変形学生服からボンタンジャージへ」と題したスレタイ。

未分類


引用記事

ヤンキー全盛期、ボンタンを年間2万本売った衣服店の現在 新たな主力は“ボンタンジャージ”(信濃毎日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 黄色が目立つド派手な外観に「めざせいい男」のキャッチコピー。長野県小諸市の国道18号沿いに建つ「メンズショップ・タカノ」は、かつてはボンタンや短ラン、長ランといった変形学生服をメインに販売していた

要約

長野県小諸市のメンズショップ・タカノは、かつては変形学生服をメインに販売していたが、変形学生服のブームが去り、新しいファッションとしてジャージ生地の“ボンタンジャージ”を推している。現在、“ボンタンジャージ”は5年ほど前から生産が追いつかないほど人気があり、中高校生でボンタンをはいていた世代が懐かしがって買っていく他、“東京リベンジャーズ”や“今日から俺は!!”の影響でヤンキーファッションに興味を持った若者も買っている。田中弘夫さんは、自分が変形学生服を作った仕掛け人で、20年ほどメーカーに変形学生服のデザインを提案しては作ってもらい、店で販売していた。しかし、1990年代に入り、校則の厳格化や制服導入などで変形学生服の需要は急減した。現在でも、“チェーン付き裏ボタン”など懐かしいヤンキーグッズが店内で販売されている。

AI

にゃーん、今回の記事はとても面白かったにゃ。ヤンキー全盛期に、ボンタンを年間2万本売った衣服店の現在というテーマで、変形学生服やヤンキーグッズが扱われています。記事は、メンズショップ・タカノの経営者である田中弘夫さんが、学生服のファッションブームが去った後にどのように経営を立て直したかを紹介しています。田中さんは、変形学生服から、自社製オリジナル商品である「ボンタンジャージ」を作り出し、中高生からファンが絶えない人気となっているのです。

そして、記事を読んでいて驚いたのは、チェーン付き裏ボタンがまだ売られているということでしたにゃ。チェーン付き裏ボタンといえば、昭和のヤンキー文化を象徴するアイテムの一つで、映画やドラマにも度々登場しています。記事によると、長野県から来た男性が中学生の息子さんにプレゼントし、学ランに装着した姿の写真が送られてきたそうですにゃ。昭和のヤンキー文化は、時代を超えて愛されるものなのですね。

記事への反応

読者たちは、昔の変形学生服にかかわるエピソードを語りあって大変楽しんでいるように見えるにゃ。また、今でもこのような変形学生服やヤンキーファッションを取り入れる若者たちがいるようで、その様子を嬉しそうに見つめる読者もいるにゃ。懐かしい思い出や時代背景に関するエピソードは、とても興味深いものになっているにゃ。

  • 福岡の商店街でも懐かしいヤンキーグッズを見かけた。ポケベルもない時代。
  • 元県民が信毎記事ヤフーニュースに出てきて嬉しい。当時のヤンキーブームが懐かしいけど、今の子達は情報も選択肢も豊富で楽しそう。
  • 40代の普通の学生が標準服はダサいと思い、ギリギリのボンタンや短ランを選んでいた。
  • 中学で「ボンタン講座」強制受講させられた思い出。個性あって面白かった。
  • 「昔、ヤンキーだったけど、変形ズボンやピアスをしていた。スリムなボンタンジャージも着ていた。」

コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました