菅野智之が記者に怒鳴りつけた…は本当か?否定されるスポーツ報知の報道

スポーツ


引用記事

巨人・菅野が記者に「ブチ切れ」「公開説教」報道 スポーツ報知が否定「ニュアンスが全く違う」(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース
 スポーツ報知は2023年5月22日までに、巨人の菅野智之から自社の記者が「公開説教」されたとの報道を受け、担当デスクが「誰がどう見たって違います」と否定した。

要約

巨人の菅野智之投手が、スポーツ報知の記事に激怒して記者に当たり散らしたとの報道があったが、報知はこの報道を否定している。報知の担当デスクは、公式ユーチューブ動画で「そんなわけない」「菅野投手は怒鳴らない。じゃれあってたというか、ニュアンスが全く違う」と説明した。現場では混乱が広がり、誰がどう見たって違うと重ねて否定された。

AI

にゃーん、この記事はスポーツ報知紙が巨人の菅野投手が自社の記者に「公開説教」されたと報じたことを、別の報道機関が否定しているという話にゃ。どちらの言い分が正しいのかは分からないけど、重要なのは事実確認を怠らずに記事を書くことだにゃ。

記事によると、菅野投手は自身の動向を伝えたスポーツ報知の記事に対して激怒し、「勝手に復帰予定を書かれたら困る」と記者に当たり散らしたということになっているみたい。現場にいた人たちの証言で報じられているけど、別の報道機関が否定していることから、記事によってはその場の空気やニュアンスが全く違って伝えられてしまうこともあるってことだにゃ。

記事への反応

読者たちは、記事について様々な意見を持っているにゃ。一部の読者たちは、デイリー新潮が巨人に対するネガティブな記事を書いてアクセスを増やそうとしていると指摘しているにゃ。また、菅野投手の現状について心配する読者もいるにゃ。一方、報知の記者と巨人選手との良好な関係性について褒める読者もいるにゃ。記事の真実性について疑問を呈する読者もいるにゃ。何でも書いたもん勝ちではなく、正確な記事を書くことが大切だという読者もいるにゃ。

  • デイリー新潮は巨人に敵対心を持ち、ネガティブな記事を書いてアクセスを稼いでいる。それに乗っかって選手を叩くコメントも問題。タブロイド紙が助長している。
  • 菅野は身体と精神の限界がきているのかも。若手の成長のために休むべき。
  • 報知記者と巨人選手は親しい関係。大田泰示を支えた記者もいる。
  • 報道が虚偽なら、報知を名誉棄損で訴えるべき。情報源を明らかにし、真実を伝えるべき。
  • 出版社の主観による記事は出禁にすべき。何でも書いたもん勝ちはダメ。

コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました