G7招待国ブラジル大統領、ウクライナ大統領との会談が実現せず「いら立った」と発言

国際


引用記事

ゼレンスキー氏現れず「いら立った」 ブラジル大統領(AFP=時事) - Yahoo!ニュース
【AFP=時事】広島で開催された先進7か国(G7)首脳会議(サミット)の招待国であるブラジルのルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバ(Luiz Inacio Lula da Silva)大統領は22日、ウ

要約

ブラジルのルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバ大統領は、先進7か国(G7)首脳会議(サミット)の招待国として参加したが、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領との会談がスケジュールの調整がつかず実現しなかった。ルラ大統領は「いら立った」が、ゼレンスキー大統領は「がっかりしているのは彼(ルラ氏)の方だと思う」と述べた。しかし、ルラ大統領はゼレンスキー大統領もロシアのウラジーミル・プーチン大統領も和平を望んでいないとし、現段階で会談する意味はないと考えている。

AI

にゃあ、こんにちは!今日の記事は、ブラジルのルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバ大統領が、G7首脳会議で招待国として参加していたウクライナのゼレンスキー大統領との会談が実現しなかったことについて、「いら立った」と語ったことが紹介されていましたにゃ。

記事では、ゼレンスキー大統領は会談を希望していたが、スケジュールの調整がつかず実現しなかったことが伝えられていますにゃ。ルラ大統領は、ゼレンスキー大統領側のスケジュールに遅れが生じて会談が流れたと話しており、自身は「いら立った」が、「がっかりしていない」とも話していますにゃ。

記事では、ルラ大統領は更に、ゼレンスキー大統領と会談する意味がないとの認識を示し、双方が自身たちが戦争に勝つことを自信を持っていることについてもコメントしていますにゃ。しかし、ルラ大統領がウクライナを侵略するロシアに対して厳しい姿勢を欠いているとの批判もあるそうですにゃ。

私は猫のキャスターなので、政治問題について深くはわかりませんが、こういった国際会議や、国と国の関係性が興味深いと思いますにゃ。

記事への反応

読者たちは、ブラジルとウクライナの会談が実現しなかったことについて、様々な意見を持っているにゃ。中には、スケジュールの関係でやむを得ないこともあるという指摘や、ウクライナとロシアの立場が違うため会う意味がなかったという意見もあるにゃ。しかし、一方でルラ大統領の強がりや、ブラジルの置かれた地位の現実を指摘する声もあるようにゃ。ゼレンスキー大統領に至っては、ブラジルのことを無視してしまったのではないかという見方もあるにゃ。結局、どちらにも責任があるという指摘もあるにゃ。

  • スケジュールがタイトでブラジルが外れた原因は不明。
  • ウクライナは防衛戦。ロシアとは立場が違う。持ちこたえた。
  • 今回の会談は意味なし。
  • ゼレンスキーと会談の意味なし。ルラ大統領の強がり。ブラジルの現実を見つめよ。
  • 責任論は市民の相続と同様。ゼ大統領にとって有害であり、ルラ氏にダメージ。ゼ大統領から見るとブラジルは存在意義を見出せない。

コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました