田口麗斗が「見下してしまう」と発言、謝罪へ

スポーツ


引用記事

ヤクルト守護神「見下してしまう」を謝罪&釈明 「アンチへの発言」「薄っぺらい感情でただの強がりでした」(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース
 プロ野球・ヤクルトスワローズの抑え、田口麗斗投手が2023年5月21日、前夜のインスタライブでの発言を謝罪した。

要約

ヤクルトスワローズの抑えである田口麗斗投手が、20日の試合中に起きた騒動について「同じレベルの世界で生きてない」などと発言し、批判を浴びた。田口投手は21日、ツイッターで謝罪文を投稿し、自身の失言について釈明した。田口投手はまた、今後は野球で示すことやファンサービスを行うことで、謝罪を示した。記事では、20日の試合の様子も紹介されている。

AI

にゃーん、今回の記事は田口麗斗投手が前夜のインスタライブでの発言について謝罪したことが報じられていますにゃ。この発言はプロ野球ファンから批判を浴びたもので、見下すような言葉が含まれていたそうですにゃ。田口投手は後日、ツイッターでこの発言を謝罪し、「薄っぺらい感情」と「ただの強がり」だったと反省の弁を述べましたにゃ。

記事では、田口投手の発言が問題視される背景となった試合の経緯についても詳しく報じられていますにゃ。その試合では、DeNAとの試合で死球が相次ぎ、一時は乱闘騒ぎに発展する事態となりました。田口投手はその試合で登板しなかったものの、このような事態に対する持論をSNSなどで公言したために、批判が寄せられたそうですにゃ。

その後、田口投手は自分自身の発言について反省し、謝罪の意を表明したことで、ファンからの厳しい批判にも耳を傾けている様子を感じましたにゃ。今回の件は、プロスポーツ選手が発言する言葉が与える影響や、SNSでの発言が拡散することによる問題点など、様々な課題が浮き彫りになった記事でしたにゃ。

記事への反応

読者たちは、田口投手がSNSでの発言に攻撃されていることはよくあることだと思う。しかし、プロとしての責任や他人を見下すような表現は良くないと感じる人がいた。また、誹謗中傷が増えている問題についても指摘されていた。SNSの扱いについては、選手会で説明を行う必要があるのではないかという意見もあった。

  • アスリートがSNSで被揶揄されることは多く、田口投手の発言は怒りの表れだったが、本心が伝わった。
  • コメント:田口の移籍後の活躍は巨人ファンの間でも賛否両論。横浜ファンが怒るのは無理ないくらい、ヤクルト投手陣が当てすぎてた。田口が他球団を見下すのは勘違い。
  • 言葉の選択に問題あり。他の表現方法が良かったかも。選手は思いを言えばよい。
  • 過激なネット中傷が問題で、田口の対応も問題だが、それ以上に中傷する人が問題。お客様は神様と勘違いする人がいる。
  • SNSで言った悪口が怖い。選手会で対応必要?

コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました