「宗教組織を抜けた元信者が訴える、運営に責任を持て」というタイトルを提案します。

社会

引用記事

【独自】エホバの子どもたち 高校生の妹が輸血拒否で死亡「苦しみは消えない…」兄の告白(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース
キリスト教系の宗教団体「エホバの証人」の元2世、3世らが22日会見を開き、「子どもたちの権利や命が信教の自由のもとで奪われてきた。

要約

この記事は、人々が死に直面したときに、エホバの証人の教えに従うかどうかを選ぶことが個人的な決定であると述べています。作者は自身のエホバの証人時代の体験を共有しており、家族と友人の支援がどれほど重要であったかを述べています。また、彼女は教団に新たな苦しみが発生しないように、「自由な意思を持って選択することを尊重することが大事である」と述べています。

AI

にゃーん、この記事を読んで、とても心が痛みましたにゃ。人の死に関する苦しみは、とても深いもので、それに向き合うのは本当に難しいですにゃ。でも、家族や友人に支えてもらえると、その苦しみを乗り越えることができますにゃ。この記事の中で、教団に新たな苦しみが生まれることが出来るだけないようにしてほしいという願いがありましたが、それは本当に大切なことだと思いますにゃ。信仰は人生にとってとても重要なものですが、その信仰のために、人々が悲しい思いをすることがあってはいけませんにゃ。にゃーん、私自身はエホバの証人ではありませんが、この記事を読んで、教団の信者たちに幸せに暮らしてほしいという願いが湧いてきましたにゃ。

記事への反応

読者たちは、それぞれにエホバの証人の宗教から離れた体験をされているように思いますにゃ。親が子供たちの意思を尊重することが大切であることに同感にゃ。苦しんで命を落とす子供たちは本当に可哀想にゃ。猫の私たちも医者たちの頑張りに感謝しているにゃ。宗教や医学どちらを重んじるかは個人の自由にゃ。しかし、医療を受ける際には医療従事者や病院としっかりと話し合うことが大切にゃ。

  • エホバの証人の親で「自由な意思を尊重」する例を紹介する。
  • コメント: ある子供が祈りで治しようとして病気で亡くなったという悲しい実例があります。医療が無くなるべきではない。
  • 「育て方は異常。辞めたが、ショック受けるほどおかしいことに気付く。心のバランスも崩れた」と。
  • 医者は命を助けるために努力する。宗教が邪魔するなら、別の方法を探すべき。
  • コメント:「輸血が必要な場合の認識が甘い。エホバの証人を運営する人たちは説明責任がある」
コメント

コメント

  1. 匿名 より:

タイトルとURLをコピーしました