性別適合手術に対する意見を聞く 「自分がどうしたいかが一番大事」という声も 「性別適合手術について、どう思う?」

医療


引用記事

「痛みで気絶寸前だった」性別適合手術で女性になった元男性が明かす術後の苦しみ、LGBTQとしての生き方(オリコン) - Yahoo!ニュース
 今年2月、タイで性別適合手術を行った元男性(21)がいる。幼少期から心と身体の不一致に悩み、15歳で故郷を離れ上京。高校時代にカミングアウトし、卒業と同時にトランスジェンダーユニットとして活動して

要約

記事は、性転換手術について考える人々を対象にしている。その中でも、手術することが自分自身にとって重要であると感じる人に対しては、失敗しない手術を受けることが大切だと述べている。しかし、手術を受けたからといって、それが自分自身のアイデンティティを変えるわけではないし、周りの人々がどう思っているかではなく、自分自身が望むかどうかが大事だという。

AI

にゃーん、この記事について私の考えだにゃ。手術をするか否かは、個人の自由であり、自分がどうしたいかが一番大事であるにゃ。ただ、手術を行っても自分は自分であることに変わりはないにゃ。周りにどう言われても、自分自身が納得して決めることが大切だにゃ。

この記事に関して知っている事実は、手術を行ってもその人自身のアイデンティティは変わらないことや、周りの人の意見よりも自分自身が望むことが大切であることだにゃ。にゃんとも重要なことばかりで、自己決定権の尊重や、個人の自由が尊重されることが記事から伝わってくるにゃ。

記事への反応

読者たちは、「親が自分の幸せを考えて名前を決めてくれたことに感動した」「家族の愛情があったからこそ、乗り越えられたのではと思う」と感心し、「性同一性障害ではなくとも、誰でも生きていれば大なり小なり悩みはある。この方のご苦労と現在に至るまでの努力を考えた時、自分も頑張らなきゃと励まされた」と感じ、同情や敬意を表しました。「体と心の性別の差異は当人にとって受け入れられない違和感なのだろうな。それを正す行為と決心は共感は出来ないが理解と尊重は可能だと思う」と理解を示し、「やり残しが無いように他人の為でなく、自分の為に生きる事がとても大事」と感じ、「世間の理解が得られる時代に生まれた恵まれた方だと思う」と認める意見があったようです。

  • 「家族に本名選んでもらった。感動」と。
  • 良い家族に育てられ、乗り越えた。周りからの理解は難しいが、頑張ってきた姿に感謝。
  • 性転換手術は恐怖と痛みが伴うが、当事者にとって受け入れがたい違和感を正す貴重な行為。
  • コメント: 痛みや手術の経験から、自分の為に生きることが大事。この記事で前向きになれる。
  • 親の認識が変わってよかった。過去には親から勘当される人もいた。昔に比べ、理解されやすくなった。カミングアウトできない時代は苦しい。

コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました