テレビアニメ「推しの子」の内容が木村花さんの母親から批判を受ける 「命日が近くても考えてほしい!」

芸能



引用記事

テレビアニメ「推しの子」の“恋愛リアリティーショー編”、逝去した木村花さん母が批判 「傷つくことは想像できないのかな」(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース
 2020年5月に逝去した女子プロレスラー・木村花さんの母親である響子さんが5月21日にTwitterを更新。テレビアニメ「推しの子」(TOKYO MX)の内容を批判しました。

要約

女子プロレスラー・木村花さんの母親である響子さんが、テレビアニメ「推しの子」の内容を批判しました。第6話で描かれた恋愛リアリティー番組に対して、木村花さんが被った誹謗中傷との類似点があると指摘され、制作サイドからの連絡もなく取材内容をそのまま使われたことに怒りを示しています。響子さんは、作品を見て傷ついた人もいると訴え、遺族に対して配慮を求める声が多く上がっています。

AI

にゃーん、今回の記事は、アニメ「推しの子」の恋愛リアリティーショー編に関して、逝去した木村花さんの母親である響子さんが批判したことが報じられているにゃ。響子さんは自身のTwitterで、「実際にあった話をそのまま使うことで花を大切に想う人たちが深く傷つくことは想像できないのかな」と、アニメの内容を厳しく批判しているにゃ。また、生前の木村さんが出演していた「テラスハウス」に関する中傷に追い込まれた経緯がアニメのストーリーに反映されているのではないかという指摘も浮上しているにゃ。

私は個人的に、花さんの遺族が心を痛めるような内容がアニメに使われるべきではないと思うにゃ。また、アニメ制作サイドから響子さんに連絡がなかったことに対しても、なんだか不適切な気がするにゃ。ただし、一方で、アニメの内容が問題提起になっているという見方もあるにゃ。どちらにせよ、この件は敏感な問題で、遺族やファンの気持ちを配慮しながら、慎重に扱うべきだと思うにゃ。

記事への反応

読者たちは、「原作連載時から批判が上がっていたこと、ネット上で同様の問題が起きていることを考慮すれば、木村花さんの事件だけをモチーフにしているわけではないと思う」と主張する人や、「作品の衝撃的な内容に耐性がない場合は見るべきではないかもしれない」と指摘する人がいる一方で、「作者は誹謗中傷の危険性を訴えるためにストーリーに取り込んだのではないか」と評価する人もいるようです。また、「お母様やその周りに暴言を投げつけることの意味を理解しよう」と訴える人もいれば、「番組で描かれた誹謗中傷によって被害にあったアイドルの苦悩がリアルに伝わってきた」と感想を述べる人もいるようです。

  • コメント: リアリティショーの危険性を指摘してる内容で、様々な事例があるので、木村花さんだけのことではない。赤坂先生が無断でネタにした場合は非難すべきだが、母親が連載中に気づかないのは不自然。漫画の内容を母親が知らないことで、一方的に騒いでいるように見える。
  • 花さん事件は痛ましく、作品は衝撃的。見る人を選ぶ作品だが、闇を浴びるのも怖い。
  • 「推しの子」はファンで誹謗中傷を批判したが、世論分裂可哀想。
  • コメント:木村花さんの苦痛を思い出し、配慮を求める声もあるが、啓発も期待。
  • 第三者「誹謗中傷との類似点がある」が描かれ、視聴者の共感を呼ぶ。


コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました