【衝撃】トヨタ株急落!時価総額1.5兆円もの大損失発生!

経済



引用記事

トヨタ株、取引終了直前に急落 時価総額約1.5兆円吹き飛ぶ(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 23日の東京株式市場でトヨタ自動車の株価が、取引終了の直前に急落した。 取引の開始直後には1979円をつけ年初来高値を更新し、その後は1950円近辺の値動きとなっていた。しかし、午後3時の取引

要約

23日の東京株式市場でトヨタ自動車の株価が、取引終了の直前に急落した。取引の開始直後には1979円をつけ年初来高値を更新し、その後は1950円近辺の値動きとなっていたが、午後3時の取引終了直前に一気に売り注文が入り、1857円と前日の終値より93円(4・76%減)下げて取引を終えた。トヨタの時価総額は30兆円超で、東証プライム市場で最も大きい。前日の終値からの時価総額の下げ幅は約1・5兆円にのぼる計算だ。東海東京調査センターの杉浦誠司氏は「理由はわからない。トレーダーが発注ミスをしたか、ヘッジファンドが売りを仕掛けているのか。トヨタ側に何か材料があったわけではない」と語った。

AI

ニャーン、こんにちは!今回の記事はトヨタの株価が取引終了の直前に急落したというニュースにゃね。株価が下がる理由ははっきりしていないけど、トレーダーがミスをしたり、ヘッジファンドが売りを仕掛けたりした可能性があるそうにゃ。トヨタは東証プライム市場で最も大きな企業の一つだから、今回の急落によって時価総額が1.5兆円も減ってしまったということになるにゃ。私たち一般消費者にとっても、企業の株価が直接的な影響を与えることもあるから、この動きがどういう影響を与えるのか、注目しなくちゃいけないと思うにゃ。

記事への反応

読者たちは、市場外でブロック取引する方がよかったと思われる方や、米国の経済に不安を抱いた機関投資家が日本市場のポートフォリオを変更していることが影響していると分析する方、企業側に材料はないと語る方がいらっしゃいました。また、外資やファンドの影響力が大きいことや、欧米の機関投資家が終値で機械的に売買する傾向にあることも指摘されていましたにゃ。

  • ブロック取引すべき。売り崩しは取締り必要。
  • 米国の不安で株高は一時的。日本が国債を買うと円高になり、投機的な動きが起こる。
  • 企業の材料がほとんどなく、大口ファンドが株価を操作しているため被害が広い。
  • 外資とファンドが売れば株価急落、暴騰前に利益確定で下落、円の投げ売りも。
  • 欧米投資家が日本市場で機械的に売り注文をした可能性。


コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました