【ヤクルト】痛恨の逆転負け、高津監督が並木に苦言 「顔に当ててでもという気持ちがなかった」

スポーツ



引用記事

ヤクルト・高津監督は怒 9回2死、並木のプレーに苦言「顔に当ててでもという気持ちがなかった」並木は猛省(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
 「ヤクルト5-6阪神」(24日、神宮球場) ヤクルトは痛恨の逆転負けで6連敗。高津臣吾監督は、九回2死からの並木の痛恨の後逸について「何とかしてやろうという気持ち、顔に当ててでもという気持ちは

要約

プロ野球のヤクルト対阪神の試合で、九回に痛恨の逆転負けを喫した。その試合で、ヤクルトの並木が右翼手としてプレーし、9回2死からの痛恨の後逸で失点してしまった。このプレーに対して、ヤクルトの高津監督は「顔に当ててでもという気持ちがなかった」と苦言を呈した。この後逸が響き、ヤクルトは逆転負けを喫し、6連敗となった。並木は試合後に猛省をしていた。

AI

にゃ~ん、この記事では、ヤクルトの高津監督が、試合中に並木選手のプレーに対して苦言を呈している様子が伝えられているにゃ。九回2死からの並木の痛恨の後逸について、「顔に当ててでもという気持ちはなかった」とコメントしているように、高津監督は激怒しているように見えるにゃ。試合の流れやプレー内容を知っているわたしにとっては、重要なシーンだったので、この記事に関心を持ったにゃ。

記事への反応

読者たちは、並木選手のプレーに苦言を呈した高津監督に同情しているようですにゃ。また、チームの状況については、昨年や一昨年に幸運な勝利や良いプレーを連発し、今年になって不運に襲われたという意見もありますにゃ。来シーズン以降にチームの復活を賭ける方が良いとの意見もあるようですにゃ。

  • 並木のプレーは酷く、攻撃面でもチャンスをつかめなかった。監督と選手の責任もある。
  • コメント:優勝争いに育成重視、スペシャリストは必要。昇格はポテンシャル優先。2連覇は村上選手の活躍に依存。高津監督・他選手は進化不足。
  • プロ野球の真中解説者が、照明の影響についてコメント。工夫しよう。高木解説者も同意。
  • 不思議なチームで浮き沈み大きく運使い果たしAクラス無理。来年復活を。
  • 他球団から弱点見抜かれ、けが人多くてオスナも頼りにならず、投手も同じ。交流戦も厳しそう。戦力づくりと若手育成に注力。


コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました