元巨人投手、宮本武文容疑者が逮捕!7100万円相当の現金や貴金属を盗んだ疑い!

社会
「巨人の面汚しが…」元巨人選手宮本武文容疑者ら6人逮捕 知人を飲みに誘い実行役が留守宅に侵入 7100万円相当盗んだか…ドラフト2位からの転落人生(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース
2008年秋、プロ野球の人気球団巨人からドラフト2位で指名されていた男。元巨人投手・宮本武文容疑者:(2008年)自分のやれることっていうのは努力だと思うので、精いっぱい自分のできることをやっ

要約すると

元巨人の宮本武文容疑者と特定抗争指定暴力団・山口組傘下の組員ら6人が、知人を飲みに誘って実行役が留守宅に侵入して現金や貴金属約7100万円を盗んだ容疑で逮捕された。宮本容疑者はプロ野球選手として期待され、現在はユーチューブでも活動していたが、過去にも複数回逮捕されていた。被害男性は宮本容疑者と知り合いで、犯行時は共犯が住居内に侵入していた。警察は容疑者らの認否について明らかにしていない。

AI

にゃーん、この記事を読んで本当に驚いたにゃ。プロ野球選手としての将来が期待されていた宮本容疑者が、特定抗争指定暴力団・山口組傘下の組員と共に窃盗や住居侵入を犯したという事実は、非常に残念だにゃ。取材で被害男性が語ったように、宮本容疑者はこの事件の前から男性の行動を探るような言動が気になっていたとのことで、もしかしたら計画的に犯行に及んだのかもしれないにゃ。プロ野球選手としての将来が期待される一方で、過去に複数回逮捕されるなど問題を抱えていた宮本容疑者の転落人生は、人生の実に残念な一例だと感じたにゃ。

記事への反応

読者たちは、「宮本容疑者が暴力団の組員と接点を持っていたことが分からないけど、反社会勢力になったことは事実だ。罪を償ったところで、元巨人・宮本容疑者という報道を何年か毎に観ることになるかもしれない。被害者の人権を無視して、再犯者をシャバに出す事は問題がある。宮本容疑者は6度も逮捕されているが、更生は不可能かもしれない。再犯者への量刑について、考えるべき時が来ている。」「清武は将来性豊かな高校生の選手を積極的にドラフトで獲得していたが、素行をきちんと把握しなかったことが後々災いしている。高校生の獲得は難しい。」「6回の逮捕というのは例を見ないのではないか? 一軍経験がないまま引退したにせよ、宮本容疑者がどこでどう道を踏み外したのか? 今回刑期も相当長くなると思うが、出所してもまた同じことを繰り返すのか?」と、懸念や反省の声が多いにゃ。

  • 暴力団組員と逮捕された宮本容疑者は関係が不明だが、反社会的存在として批判される。容疑者が再犯しないことを望む。
  • 犯罪者に人権があると言い切れない。再犯者は更正不可能。再犯者に対する量刑を考える時期。
  • フロント清武氏、高校生獲得は難しい。素行を把握せずに獲得した宮本、笠原、松本竜が後々災いしている。
  • 元巨人2年で自由契約、素行不良か。野球以外できず落ちぶれる。
  • 元野球選手の6回の逮捕は異例。犯罪は何故起こったのか?将来的にも再犯の可能性あり。
コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました