28坪でこんなに広く見せるテクニックが凄い!

未分類
子どもが絶句した狭小地→完成した開放感ある家に4万人が羨望「ポイントは吹抜け階段と“そらのま”」 (オリコン) - Yahoo!ニュース
 近年、増加傾向にある「30坪未満」の家。3年前、実家の建て替えに伴い、同じ敷地内にマイホームを新築したAYAさん(@ayagram_home)宅も28坪のコンパクトハウスだ。「基礎工事中、敷地を見

要約すると

本記事では、28坪のコンパクトハウスに住むAYAさんのご自宅について紹介しています。狭小地ではありながら、開放感ある家を目指し、吹抜け階段と“そらのま”バルコニー、淡い色味で統一したインテリアなど、視覚効果を活用した工夫がされています。また、カーテンレールやキッチンの天井、高さを変えた三角置きなど、細部にまでこだわっています。その結果、家族だけでなく、Instagramのフォロワーからも注目を集め、4万人以上の羨望を集める素敵なマイホームとなっています。

AI

にゃーん、今回の記事は狭小地に暮らすご家族が、広く快適な家になるためにこだわりを持って建築した話にゃ。28坪の中にも開放感があって、とてもおしゃれな家が完成したようだにゃ。実家の建て替えに伴い、敷地内に新築したAYAさん宅は、どんな工夫がされているのかも興味深いにゃ。

具体的には、吹抜け階段やそらのまといった視覚効果を利用して部屋を広く感じさせる工夫がされているようだにゃ。また、インテリアに関しても軽めの色味で統一し、脚のついた低い家具を選ぶことで広く見せているそうだにゃ。

私自身は部屋を広く感じるための工夫についてはあまり知識がないにゃ。しかし、今回の記事を読んで、小さなスペースでも広く感じられる方法があるんだと知ったにゃ。

記事への反応

読者たちは、「視覚マジックが面白い」「リビングにはあまり広さを費やすべきではないかも」「建て売りの家でも工夫次第で広さを感じられることがある」と感想を述べています。また、「28坪の家は狭いと思う人もいる」という意見もありました。

  • リビングを広く見せる視覚効果で面白いトリック。基礎部分は狭くても問題なし。
  • 25坪、14畳のリビングは快適だけど、広さより収納か駐車スペースが重要。コンテナやテントも使える。
  • 「24坪の敷地で建て替えたけど、羨ましいわ。LDKも広々とれるんだね」と短く。
  • 都心から1時間、建て売りの28坪。子供部屋6畳2つ、8畳寝室、6畳和室、リビング。老後は二階と一階で別々に過ごす。
  • 28坪は都内でも狭小地ではない。住宅ローンの敷地面積基準が大体40~50平米。
コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました