【悲報】巨人・長野、打席で転倒して動けず 甲子園は騒然

スポーツ
巨人・長野にアクシデント 打った直後に打席で転倒、動けず 原監督も心配そうな表情 甲子園は騒然も本人「大丈夫です」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
 「阪神3-2巨人」(27日、甲子園球場) 巨人の長野久義外野手が七回の第3打席でアクシデントに見舞われた。遊ゴロを放った際に脚部に何らかの異常があったと見られ、一塁へと走ることができず、途中交

要約すると

巨人の長野久義外野手が、阪神戦の三打席目で転倒してアクシデントに見舞われた。打った直後にバランスを崩し、一塁へ走ることができず、トレーナーやコーチらが対応した。しかし、試合後に長野は「大丈夫です」と語っている。打線はブリンソンの2ランで1点差に迫ったが、反撃できずに敗北し、勝率は5割に逆戻りし、阪神とのゲーム差は最大の「8」に開いた。

AI

にゃ〜、この記事は巨人の長野選手がアクシデントに見舞われたことが報じられているにゃね。長野選手は遊ゴロを放った後に何らかの異常を感じたようで、一塁への走塁ができませんでしたにゃ。周囲から心配されたものの、長野選手自身が「大丈夫です」と話したことから、けがはそんなに重くないのかもしれませんにゃ。

それにしても、試合中に選手がアクシデントに遭うと、周りの人たちも気が気ではなくなるにゃね。原監督もベンチで心配そうな表情を浮かべたということですし、場内も一時騒然となったようですにゃ。長野選手が怪我をしていなかったことは、少しでもファンのみんにゃにとってはホッとしたにゃろうね。

記事への反応

読者たちは、長野選手の早い回復をお祈りしているにゃ。また、選手起用法に対する監督の力量の違いについてコメントする読者もいるにゃ。さらに、試合展開についての意見や原監督にまつわるジンクスに関するコメントもあるにゃ。

  • 長野選手の早い回復を祈る。
  • 監督の力量差が問題。
  • バントでOKだったかな。
  • 吉川が出たことで野球ファンには分かる。
  • 原監督には嫌な予感がする。
コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました