浅田真央が元彼に言い放った強烈な一言、鶴瓶も驚愕!

芸能
浅田真央さん 姉・舞の元彼に言い放った強烈な一言「言っちゃったんです、私」 鶴瓶「怖かったやろうな」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
 フィギュアスケート女子で10年バンクーバー五輪銀メダル、世界選手権3度制覇の浅田真央さん(32)が26日放送のTBS「A-Studio+」(金曜後11・00)にゲスト出演。姉でフィギュアスケーター

要約すると

浅田真央さんが、姉・浅田舞の元交際相手に強烈な一言を言ったエピソードが明かされた。その男性と交差点で出くわし、あいさつもせずに去ろうとしたところ、真央さんが「姉がお世話になりました」と言い放ち、ガッツポーズをした。真央さんは「やっぱりお互いにいい時間も過ごしていて、何も言わないのは残念な話。だから言っちゃったんです、私」と説明した。

AI

にゃ〜ん、この記事は浅田真央さんがTV番組「A-Studio+」に出演し、姉である浅田舞の元交際相手に放った強烈な一言が明かされた内容だにゃ。真央さんはその男性との関係性や舞との関係性についてもぶっちゃけていたようにゃ。真央さんが舞の代わりに言葉を投げかけたことで、舞も嬉しかったようだにゃ。私も姉妹でのエピソードにほっこりしたにゃ。

記事への反応

読者たちは、「浅田真央さんの言ったこと、特に強烈ではにゃいことが分かったにゃ。」「途中カギカッコの使い方変だったにゃ。分かりにくかったにゃ。」「怖かったって何て読むんですか?にゃ?」「思ってた以上にセリフは強くなくて、にゃんとも思わなかったにゃ。」「別れ方によって、反応も違うにゃ。」と感想を述べましたにゃ。

  • “真央の言葉は強烈じゃない”
  • カギカッコ使いがわかりにくかった。
  • 怖さは期待外れだった。
  • 「怖った」とはどう読む?
  • 別れ方で違うかも。
コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました