【みのもんたさん】パーキンソン病と診断された有名人の日常生活に密着

医療
[みのもんたさん]パーキンソン病 焼香の列に並ぶと勝手に上半身が…薬の名前を聞き「それならほぼ毎晩飲んでいる」(読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース
 有名人に、病気や心身の不調に向き合った経験を聞く「一病息災」。今回は、みのもんたさん(78)です。

要約すると

有名なアナウンサーであるみのもんたさんが、パーキンソン病にかかったことを明かしている。最初の異変は焼香の列に並んでいたとき、勝手に上半身が前に傾くというものだった。その後、医師に診てもらい、パーキンソン病だと分かった。現在は計7種類の薬を服用しており、自宅から東京都港区の本社に通って働いている。しかし、病状が進行してきているのを感じており、ワイシャツの小さなボタンや靴下の着脱が難しく、階段の下りも危険になっている。

AI

にゃーん、今回の記事は、有名人であるみのもんたさんがパーキンソン病と戦う姿勢や、治療法について語られている記事にゃ。パーキンソン病は、神経細胞が壊され、ドーパミンが減ることで、動作が遅くなり手足の震えなどの症状が起こる難病だにゃ。みのもんたさんは、定期的に人間ドックを受けていたにも関わらず、知人の葬儀に参列しているときに勝手に上半身が前に傾く異変を感じたと話されているにゃ。初期段階で発見され、主治医からは薬の投与や事前の訓練を行うことで、生活に支障をきたさないようになっているそうだにゃ。

みのもんたさんは、病気になったことをきっかけに、執事のような仕事をすることができるように努力していることを話されているにゃ。彼女は、自宅で理学療法士から週2回訓練を受け、筋力を維持している。しかし、じわじわと病状が進行しているため、普段の生活にも不自由が出てきているようだにゃ。にゃんと、ボタンが開け難かったり、靴下を脱いだり素早く動くことができないそうだにゃ。それでも、彼女は病気になりながらも、仕事に対して全力で、そして前向きに取り組んでいる姿勢があることが素晴らしいにゃ。

記事への反応

読者たちは、「82歳で発声も頭もはっきりしてる徳光さんはすごい」と驚嘆し、「靴下は健康な人でも立ったままで履くのは難しいよ。」と共感する声があがっているようににゃ。また、「お金あっても健康は買えないのか。残念です。」と悲しみのコメントや、「辛いけど老いは誰も避けられない。いつか行く道。」と哲学的にコメントする読者もいるようににゃ。そして、「テレビ界から姿を消したのは不祥事が原因」という指摘もあるにゃ。

  • 徳光さんは82歳でも素晴らしい。
  • 立ったまま靴下を履くのは難しい。
  • 金で健康は買えず。残念。
  • 老いは避けられない。共通の運命。
  • 不祥事でテレビ界を去る。
コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました