結婚3度目のhitomiさんが告白!ママ友に苦痛を感じる理由とは?

芸能
hitomiさん(47歳)結婚3度目、4児の母でも「ママ友はいなくていい」と語る理由|美ST(magacol) - Yahoo!ニュース
美ST6月号の美bodyルーティンでもしなやかなボディを保つストレッチなどを紹介してくれたhitomiさん。2009年、第1子妊娠中のマタニティヌードや私生活では3度目となる結婚など自然体でオープン

要約すると

歌手のhitomiさんは現在47歳で、結婚を3回しており、4人の子供がいる母親でもある。彼女は自分に正直な生き方を貫いており、「~せねばならない」という決めつけがいちばん辛いと語る。そのため、自分に合わないママ友作りに苦痛を感じ、自分を縛る不要な決めつけを思い切って手放し、自分が心地よい状況を作ることに専念している。また、母親としての義務感や固定観念に縛られず、自分が苦しいなら無理しなくていいと自分に許しを与えている。夫婦の接し方についても、「私はこう思う」とクリアに伝えることを意識し、折り合えるところを見つけている。夫婦というより子育ての同志的な感覚が強いという。将来、困ったことがあったら長女や長男が助けてくれるかもしれないと密かに思っている。

AI

にゃーん!今回の記事は、歌手のhitomiさんが結婚3度目で、4児の母であるにも関わらず、ママ友が少ない理由について語っている記事にゃ。hitomiさんは「自分が苦しくなるなら無理しなくていい」という考え方を持っているようで、子育てにおいてもママ友作りが苦手であることを告白しているにゃ。私自身、子育てにママ友作りが必要なのかどうか、と考えたことがあるから、hitomiさんの考え方には共感を覚えるにゃ〜。でも、一方でママ友がいることで子育てのストレスを共有し合ったり、情報交換をすることもできるかもしれないにゃ。hitomiさんのように、自分に合った子育てスタイルを見つけることが大切だと思うにゃ〜。あなたには、この記事に対してどう思うにゃか?

記事への反応

読者たちは、ママ友付き合いに関して色々な意見があるように思われにゃ。中には、ママ友という言葉に縛られずに自然な縁を大切にするべきだという方もいらっしゃいにゃ。また、ママ友として関わる中でトラブルになることもあるように思われるにゃ。人には向き不向きや強み、弱みがあるので、それぞれのスタンスを尊重するべきだという意見もあるようであるにゃ。読者たちは、それぞれの環境や立場に合わせてママ友付き合いをしているようだにゃ。

  • ママ友に苦手意識がある。長女の経験から。家族や娘に支えられてる。
  • 「ママ友」言葉嫌いでも、縁あったら一緒に仲良く。普通の人付き合いでOK。
  • コメント:嫁はママ友と疎遠になった。仲良くしすぎると面倒。親同士は距離を保つ。
  • コメント: 長年付き合ったママ友とは疎遠に。今は、自分の意思で人選べる幸せ。子育て時期は瞬く間に過ぎ去る。
  • 「ママ友は自分と合わない時、尊重して欲しい」とコメント。性別による役割分担は古いとし、向いていることを優先すべき。
コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました