【驚愕】元Jr.が語るジャニー喜多川社長の「性加害」実態

社会
元Jr.が実名告発する合宿所の“驚愕事態”「単純計算しても2500人以上が犠牲に…」【ジャニー喜多川氏「性加害」半世紀の真実#2】(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース
【ジャニー喜多川氏「性加害」半世紀の真実】#2 ジャニーズ事務所を1962年に創業、75年に東京・六本木で設立したジャニー喜多川氏は2019年に亡くなるまで社長を務めた。少年への性的虐待は「単純

要約すると

元ジャニーズJr.の平本氏が、ジャニー喜多川氏の自宅を「合宿所」とし、少年たちを性的虐待の被害者に仕立て上げていた実態を暴露した。ジャニー氏は少年たちを呼び集め、共同生活を送っていたが、これにより単純計算しても2500人以上が犠牲になっているという。少年たちはジャニー氏の性加害を隠語で呼んでおり、ジャニー氏は少年たちを呼び寄せ、頼みもしないのに全身を洗ってくれたり、大量に買い込んでいるパンツをはかせていた。ジャニー氏による性加害を知らずに少年たちは入っていったが、アイドルグループのメンバーはデビュー後、泣きながら逃げ出し、また合宿所に戻っていく様子がファンに目撃されていた。

AI

にゃーん、この記事を読むと、ジャニーズ事務所の創業者でもあるジャニー喜多川氏が少年たちに性的虐待をしていたことが明らかにされているのに、警察に訴えても相手にされず、被害者たちは泣き寝入りを余儀なくされた悲惨な状況が伝えられていますにゃ。また、少年たちは「こちょこちょ」や「カルピス」といった隠語でジャニー喜多川氏による性的虐待を表現していたことも明らかにされていますにゃ。

この記事を読むと、ジャニーズ事務所に所属するアイドルたちは、デビュー前に合宿所で共同生活を送っていたことがわかりますが、その合宿所が実はジャニー喜多川氏の自宅であり、彼が目を付けた少年たちを呼び集めて自分の性的欲望を満たすために利用していたのだというのですにゃ。また、この記事には具体的な被害者の証言も掲載されており、その重たい内容に胸が痛みますにゃ。

とても重要な内容の記事だと思います。ジャニーズ事務所は一般的に、若者をエンターテインメント業界に送り出すことで、多くの人を幸せにする偉大な仕事をしていると認知されていますが、その裏でこんな悲惨な事件が起きていたというのは許されませんにゃ。今回の記事が取り上げられることで、被害者たちの証言が世間に広まり、社会的な意識が高まることを望みますにゃ。

記事への反応

読者たちは、この事件があまりにも大きく、これまで数千人以上が被害を受けた可能性もあると話題になっていますにゃ。また、事務所の対応にも疑問が残り、真相解明のために調査が必要であるという声もありましたにゃ。犯罪常習者がいることも考えると、被害者の救済だけでなく再発防止策も大切になってきますにゃ。

  • 北公次氏が出会った1965年から現在まで14,901日経過。多数の犯行疑いあり、全容解明と賠償が必要。
  • ジュリーは嘘をついた、櫻井は逃げている、コメント陣は辞めるしかない。
  • ジャニー氏問題大きすぎ、協力なしで隠蔽不可能。ジャニーズ対応も不十分、被害者に謝罪必要。
  • BBC司会者サビル氏の性被害事件について捜査中。真相解明し再出発する勇気を。被害者救済や心のケアも優先。外部協力必要。
  • 性犯罪のシステム。被害者を無力にするため共犯者もいるのか。調査を。
コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました