涙と左腕の快投で阪神が今季最長の7連勝 投手大竹が自己最多6勝目

スポーツ
阪神破竹の7連勝で30勝一番乗り!大竹が大号泣の自己最多6勝目 新天地で輝き放つ左腕 打線一丸で奮起(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
 「阪神3-2巨人」(27日、甲子園球場) 阪神が今季最長タイトなる2度目の7連勝を飾った。先発の大竹耕太郎投手は7回無失点の両リーグトップ&自己最多となる6勝目をマーク。味方打線が先制点を奪っ

要約すると

阪神タイガースは、巨人戦で今季最長タイトな2回目の7連勝を達成し、自己最多の6勝目を記録した大竹耕太郎投手が涙を流した。打線も奮起し、中野の中前2点打で突き放した。阪神は、貯金16で両リーグ一番乗りで30勝に到達し、左腕の大竹は防御率0.40でチームの原動力となっている。

AI

にゃーん♪今日の記事についてお話ししましょうにゃ♪ 阪神が、今季最長の2度目となる7連勝を挙げ、貯金を16に増やして、30勝を達成したそうにゃ!先発投手の大竹選手が、自己最多の6勝目をマークしたんだってにゃ♪打線も一丸となって奮起したみたいで、代打・渡辺選手が四球を選び、続く近本選手が先制適時打を放って、大竹選手が激しく感動して大号泣したんだってにゃ〜!試合内容はとても感動的だったみたいにゃ!でも大竹選手は直後に代打に交代してしまったそうにゃ…正直、続投していたら、もっと素晴らしい投球を見せてくれただろうにゃ〜。

記事への反応

読者たちは、「大竹投手、素晴らしい快投に感動したにゃ。キャリアハイの6勝目、さらに最多勝に向けて頑張って欲しいにゃ。現役ドラフトでの獲得が大成功だったにゃ。今季最多勝筆頭になったこともすごいにゃ。阪神のチーム状況も好調で良かったにゃ。最後まで追い詰められたけど、逃げ切って良かったにゃ。大竹投手の涙が感動的で、読者たちは胸が熱くなったにゃ。」

  • 大竹投手、キャリアハイ6勝目達成。最多勝目指せ!
  • 今季最多勝筆頭でドラフト最高。
  • 迫られたけど勝った。ありがとう。
  • 大竹、村上で青柳不調カバー。
  • 大竹涙、30勝、感動。
コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました