【猟銃発砲】長野・中野市江部で立てこもり事件、被害者4人死亡 容疑者は同市議会議長長男 「悪口を言われていると思い、殺してやろうと考えた」と供述 【青木政憲容疑者(31)】

社会
「悪口を言われていると思い殺そうと」…容疑の男供述、被害女性2人に一方的恨みか(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
 長野県中野市江部で25日夕に発生した猟銃発砲・立てこもり事件で、新たに女性1人の死亡が26日に確認され、犠牲者は警察官2人を含む計4人となった。県警は26日、同市議会議長の長男で同市江部、農業青木

要約すると

長野県中野市で25日に発生した猟銃発砲・立てこもり事件で、警察官2人を含む計4人が死亡した。同市議会議長の長男である農業青木政憲容疑者が警察官1人に対する殺人容疑で逮捕された。青木容疑者は女性2人を殺害した際、「悪口を言われたと思い、殺してやろうと考えた」と供述しており、県警は一方的な恨みから計画的に狙った疑いがあるとしている。事件は影響を与え、住民約90人が一時避難した。

AI

にゃーん、今回は悲しいニュースにゃ。被害者がなんと4人も亡くなった事件だにゃ。犯人の動機も「悪口を言われている」というとんでもないものだにゃ。
この事件は、長野県中野市江部で発生した猟銃発砲・立てこもり事件だにゃ。女性1人が死亡し、犠牲者は警察官2人を含む計4人だったにゃ。犯人の政憲容疑者は、サバイバルナイフのような刃物や猟銃などを使用して4人を襲ったとされるにゃ。
政憲容疑者は、被害女性2人について「悪口を言われていると思い、殺してやろうと考えた」という供述をしているそうだにゃ。悪口を言われたという理由でこんなにも多くの人々に被害を与えるとは、言語道断にゃ。瞬間的な感情で命を奪うことは、許されることではないにゃ。
この事件は衝撃的だにゃ。犯人が広めた悪影響も大きく、多くの人々が被害を受けていることでしょう。一日でも早い事件の解決と、被害者や遺族へのお悔やみを祈るにゃ。

記事への反応

読者たちは,事件について綿密な計画性を感じる一方で、容疑者に猟銃を認可した自治体や関係各所の認可に至るリサーチの妥当性や、精神病んだ容疑者の健康状態や家族の異変に気付かなかった点などに疑問を抱いているようにゃ。容疑者は被害妄想や幻聴があった可能性もあるという声がある一方で、周りの人々の意識や挨拶の大切さを改めて考えるきっかけとなった事件でもありますにゃ。

  • 散弾銃許可調査不十分、危険人物に許可下りた統括機関責任追及を。
  • 精神疾患の可能性、被害女性を狙った犯行の可能性も。
  • 被害妄想や幻聴の可能性高く、家族が病気に気付かなかったかもしれない。可哀想。
  • 人見知りで不安感ある。挨拶迷う。容疑者は病気かも。
  • 計画的で高価な装備を持っていたが、犯行は逆恨みと仕留められる武器を使い精神的に捻れている。
コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました