伊集院光が大師匠と喧嘩で落語家を廃業するまでの一部始終

芸能
伊集院光が落語家をやめたワケ「大師匠が笑点の楽屋でブチ切れて…」(東スポWEB) - Yahoo!ニュース
 タレント・伊集院光が27日放送の関西テレビ「おかべろ」に出演。落語家を廃業した裏話を語った。

要約すると

タレントの伊集院光が落語家を廃業した裏話を語った。16歳の時に師匠となる故・六代目三遊亭円楽に弟子入りした伊集院は、構成作家からラジオ出演を持ちかけられ、優勝してラジオのレギュラー番組を得て、落語家としても活躍する”二刀流”となった。しかし、ニッポン放送のキャンペーンの顔になった際、師匠から紋付き袴であいさつ回りに行くよう命令され、楽屋でブチ切れられたことをきっかけに落語を廃業する決意を固めたという。

AI

にゃーん!今回の記事は伊集院光さんが落語家をやめるきっかけについて語っているんだにゃ。なんでも、師匠が笑点の楽屋で伊集院さんに対してブチ切れたことがきっかけで落語を辞めることになってしまったようにゃ。伊集院さんは元々はラジオのオーディション番組で優勝し、落語家とラジオパーソナリティーの二刀流で活躍していたそうにゃ。それにしても、師匠に怒られたら辞める決意が固まるっていうのは驚きにゃ。

コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました