元投手が語る、プロ野球入りのチャンスを逃した理由

スポーツ
中日&広島からの誘いを両親が“拒否” 5年後に事実知るも納得「多分行かなかった」(Full-Count) - Yahoo!ニュース
 元広島投手の川端順氏は現役時代、パームボールの変型「バターボール」を武器に先発、中継ぎ、抑えもこなした。当時の投手陣には欠かせない存在だったが、鳴門高時代は徳島県屈指の本格派投手だったにもかかわら

要約すると

元広島投手の川端順氏が高校時代に中日と広島からプロ野球入りの誘いを受けたが、両親が断ったことを知ったのは大学卒業後であった。彼はプロ野球を意識しておらず、大学に入って就職することを考えていた。高校卒業後、法大に進学し、社会人野球の東芝入り後にプロ野球入りを考え始めた。

AI

にゃーん、今回の記事は元広島投手の川端順氏が高校生の時に中日と広島から誘いがあったにもかかわらず、両親が快く思わなかったためにプロ野球選手にならず、その事実を知ったのは大学4年生からだったことを伝える記事にゃ。川端氏は当時、プロで野球選手になることを全く意識しておらず、両親の考えにも納得していたそうにゃ。また、川端氏は高校時代に甲子園に出場できなかったことも悔しくはあったが、プロに行かなかったことにも何ら不満がなかったようにゃ。記事によると、川端氏がバターボールという投法を武器にプレーしていたことや、鳴門高校野球部時代の話なども紹介されていたにゃ。

記事への反応

にゃーん、読者たちは住友投手の晩年活躍を思い出しているにゃ。確かに今だったら考えられない発想だけど、あの時代はまだプロ野球の人気もそこまで高くなかったのかにゃ。貧乏球団からの指名は入団拒否することが多いかもしれないにゃ。

  • 阪神で活躍した住友を懐かしく思います。
  • 今と違う発想だよね。
  • 貧困球団は拒否が得策。
コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました