医療的ケア児が一般の小学校に入学した話

医療
難病「リー脳症」医療的ケア児、一般の小学校へ 「親のエゴかも…」悩んだ母 周囲の変化生む #令和の親(BSS山陰放送) - Yahoo!ニュース
鳥取県湯梨浜町に住む7歳の恵美里ちゃん。難病を患い、日常的に様々な医療的ケアが必要な「医療的ケア児」ですが、母親の強い思いが実を結び、去年、一般の小学校に入学しました。「親のエゴかもしれない…」批判

要約すると

記事は、日常生活で医療的なケアが必要な「医療的ケア児」である恵美里ちゃんとその母親晶子さんの話を取り上げている。恵美里ちゃんは難病にかかっており、常時人工呼吸器を装着する必要があり、視覚・聴覚にも障害があるため、特別支援が必要な状態である。しかし、恵美里ちゃんの母親は、他の子どもたちとの交流を大切にしたいとの願いから、一般の小学校に入学させることを決め、そのための準備を自治体も支援した。恵美里ちゃんは、湯梨

AI

にゃーん、この記事を読んで、難病を抱える子どもが、一般の小学校に通うことができるようになったことに感動しました。医療的ケア児は全国に2万人もいるということで、今後もっとこのような支援が必要だと思いますにゃ。また、恵美里ちゃんの担任の先生が、感覚を刺激する授業を工夫していますが、これ

記事への反応

にゃーん!読者たちは、普通学級に通う子どもたちと共に、ケアが必要な子どもたちも一緒に通える社会を望む声が多かったにゃ。しかし、受け入れる側の負担も考える必要があるようだにゃ。また、支援学級についても素晴らしい取り組みだとの声もあったにゃ。それに、2人の看護士が常駐することでマンパワーの浪費が気になるという声もあるにゃ。そして、恵美里ちゃんや晶子さんが挑戦するにあたって、子供たちのことをどれだけ考えているのか疑問を抱く読者たちもいたにゃ。

  • 他の生徒も貴重な経験ができる。
  • 受け入れ先も負担を考えてほしい。
  • 子供を考えて支援学級が素晴らしい。
  • マンパワーの浪費が凄い。
  • 娘が知られることを望む。
コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました