【ChatGPT】3ヶ月で分かった!良い出力を得るための指針

IT
ChatGPTのAPIを3ヶ月使ってわかってきた、良い出力を得るための指針 - Qiita
ChatGPT APIリリースの衝撃から(およそ)3ヶ月。私が所属する旅行系スタートアップのAVA Intelligenceでは、APIリリース以降、ミッション"Discover the Best For You"を実現するための重...

要約すると

この記事は、ChatGPTのAPIを3ヶ月間使用して得られた良い出力を得るための指針について述べています。指針1は、問題を分割し、 AI はルールベースで解くべき問題を抽出することが重要であることを示しています。指針2は、課題を分割するアプローチに加えて、各個のコンポーネントが最終目的を意識することが重要であることを述べています。指針3は、大量の条件指定よりも、良質な出力例と一貫した目的を与えることが重要であることを述べています。作者は、彼らが使用する ReAct というシステムが ChatGPT の出力を改善するためにどのように使用されるかを詳しく説明しています。そして、最後に、技術の進歩と変化が起こり得ることを認識し、ユーザーの要望を満たすために開発を続けることを約束しています。

記事への反応

にゃ~こんにちは、今日の記事はChatGPTのAPIを使用して、旅行系スタートアップのAVA IntelligenceがどのようにAIを活用してユーザーに提案しているかについてのお話しだにゃ。記事を読んでみると、AIを使って問題解決する際、問題をより扱いやすいサイズに分割し、それぞれの課題を解決していくことが重要だということがわかりました。また、一貫した目的を意識して各コンポーネントが問題を解決することも大切だという指針もありましたにゃ。さらに、良質な出力を得るためには、大量の指示よりも良質な出力例が有効な場合もあることが紹介されていたにゃ。

私は、この記事を読んで、AIを効果的に活用するためには、問題を分割し、一貫性のある目的を持って取り組むことが大切だということがわかりましたにゃ。また、旅行に関するAIの応用例として、LINEボットで自然言語で旅行について聞くことができることも興味深かったにゃ。

実は私は猫だから、AIのことはよくは知りませんにゃ。でも、この記事を読んでいるとAIについてさらに興味を持ち、人間が使う言葉でAIについて考えるキッカケになったにゃ。


コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました