いじめはSNSでどうエスカレートしたか

社会
長男のSNSに「ころすぞ」、母親の写真も拡散…「個人のスマホ」理由に学校対応せず(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
 パソコンやスマホを使った小中高校などでのいじめは近年、急増している。文部科学省によると、2021年度は2万1900件に上り、統計を取り始めた06年度の約4・5倍に上った。

要約すると

近年、小中高校などでのいじめが急増しており、文部科学省によると、2021年度は2万1900件に上り、約4.5倍に上がった。生徒指導論の竹内和雄教授は、これはコロナ禍で学校での対面や会話が減ったことに加え、ネット空間で同じような考えの人たちの意見が反響しあう「エコーチェンバー(反響室)」もあるためだと分析している。記事では、ある13歳の長男がSNSで「ころすぞ」と書き込まれるなどしていじめを受け、同じ頃母親も嫌がらせを受けたことが語られている。このようないじめは、SNSやインターネットの普及に合わせて増加しており、罪悪感を感じにくい点が大きな特徴だという。いじめを認識しながら何も反応しない「傍観者」の存在も問題であると指摘されている。

記事への反応

にゃーん、今回の記事は小中高校でのいじめが増加しているという話ですにゃ。2021年度は2万1900件に上り、約4・5倍増加したそうですにゃ。特に、コロナ禍で学校での対面や会話が減ったことで、ネット空間で同じような考えの人たちの意見が反響し合う「エコーチェンバー(反響室)」があるため、その影響もあるそうですにゃ。

身近な事例として、長男のSNSに「ころすぞ」などと書き込まれ、母親の写真も拡散されるという事件が紹介されていますにゃ。このようないじめが起こる背景には、子供たちの交友関係が狭いため、閉ざされたSNS上でのやり取りがエスカレートしやすくなる傾向にあると分析していますにゃ。

しかしながら、このようないじめやSNSでの問題に対して、学校側で適切な対応が取られていないことも指摘されていますにゃ。記事では、長男の母親が学校に対応を求めたが、「個人のスマホのことには対応できない」と取り合ってもらえなかったと紹介されていますにゃ。

いじめは、被害者への共感や同情、深刻度の認識があれば起きにくいことが実証されていますにゃ。しかし、SNSでは相手が苦しむ様子を目の前で見ないことが多く、加害者側が罪悪感を感じにくくなっているとされていますにゃ。

今回の記事を通じて、いじめやSNSに関する問題が急増していること、そして学校側での対応に課題があることが伝わる内容でしたにゃ。

  • 確かにこれは学校ではなく警察が対応すべきですね
  • イジメじゃ無くて、犯罪ですね。
  • 学校じゃなくて警察、弁護士へご相談を。
  • 学校が対応するのではなく…警察へ行くべきでは?
  • 学校を頼るのではなく警察を頼った方が良い。
コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました