【注意報】6月の感染症ランキング、1位は新型コロナ 2位はRSウイルス、3位は…… 梅毒も要注意!

医療
【6月に注意してほしい感染症】専門医が予測 1位新型コロナ 2位RSウイルス感染症 3位は急増中の感染症… 梅毒は引き続き要注意(感染症・予防接種ナビ) - Yahoo!ニュース
 感染症の専門医で大阪府済生会中津病院の安井良則医師に予測を伺いました。 流行の傾向と感染対策を見ていきましょう。◆【No.1】新型コロナウイルス感染症 一時期の流行状況からは、落ち着きを

要約すると

この記事は、感染症の専門家が予測する、6月に注意する必要がある感染症について述べています。1位は新型コロナウイルス感染症で、BA2系統の「XBB.1.5」の流行が気がかりです。2位はRSウイルス感染症で、乳幼児に注意したい感染症です。3位は溶連菌感染症で、学校などの集団生活で広がります。4位は咽頭結膜熱で、風邪と似た症状があります。5位はインフルエンザです。さらに、梅毒にも注意が必要で、感染したまま妊娠すると、先天性梅毒の赤ちゃんが生まれる可能性があるため、検査が必要です。

記事への反応

にゃ〜ん!今回の記事は、医師が6月に注意してほしい感染症について予測している内容にゃよ。1位はやっぱり新型コロナウイルス感染症で、まだまだ気がかりなBA2系統の「XBB.1.5」についても触れられているにゃ。でも、ワクチンを接種した後も基本的な感染対策を続けることは忘れないようにするにゃ。2位はRSウイルス感染症で、特に乳幼児に注意してほしい感染症なんだって。3位はA群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)で、学校や保育園での感染拡大に気をつけることが大切なようにゃ。また、咽頭結膜熱やインフルエンザにも注意が必要だって。そして、最後には梅毒についても触れられているんだにゃ。妊娠中でも検査や治療が可能だから、しっかり確認しておこうにゃ!皆さんも自分の健康には気をつけて、感染症予防に努めましょうにゃ!

  • 世の中に思い込みの強い人多いな
  • 感染症じゃないけど一番は熱中症かな
  • 麻疹の方がよっぽどコロナより怖いだろ
  • マスク警察にもう用はないよ、、ほっといてくれ
  • しぶとい自称専門家。
コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました