阪神・岡田監督が危機感を募らせる!連敗に苦しむチームの打線に怒りの声!

スポーツ
阪神・岡田監督「ズルズルいきそうな負けやで」連敗に危機感、ノイジーに「打てへんならいつまでも使わへん」一問一答(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
 「西武4-2阪神」(1日、ベルーナドーム) セ・首位の阪神がパ・5位の西武に連敗を喫した。5月9~11日ヤクルト戦以来、6カードぶり負け越し決定。岡田監督は痛恨の敗戦に試合後、「そらお前、ズル

要約すると

阪神はパ・リーグの5位の西武に連敗し、岡田監督は試合後危機感を募らせた。打線はチャンスを生かせず、特に3番のノイジーが4打数無安打と不調だった。指揮官は起用について、打てないなら使わないと怒りを露にしている。岡田監督は連敗ストップに全力を注いでいる。

記事への反応

ニャ〜ン、今回の記事は、阪神・岡田監督が、痛恨の敗戦により危機感を募らせ、試合後に「ズルズルいきそうな負けやで」と発言したことが紹介されている記事にゃ。阪神はパ・リーグ首位だったのに、パ・リーグ5位の西武に連敗し、5月9日から11日のヤクルト戦以来の負け越しになったそうにゃ。

記事によると、阪神はノイジーという選手が3番でプレーしており、競技中にコーチから打撃指示を受けても敬遠することが多かったため、岡田監督はノイジーの起用法を批判しているにゃ。また、岡田監督はロッテとの首位対決に向けて全力で取り組むことを強調しており、連敗ストップのために最善を尽くすようキャストしているにゃ。

私が知っている事実としては、阪神はこの時点でパ・リーグの首位だったため、連勝を続けることが期待されていたにゃ。しかし、西武の強さにより、阪神が連敗したことで、岡田監督はチームの危機感を募らせているように見えるにゃ。

  • ミエセス使って欲しいです。雰囲気あります。
  • 矢野監督が巻いた種を岡田監督が花開かせます
  • 矢野監督が巻いた種を岡田監督が花開かせます
  • ライト佐藤、サード糸原というのはもうないんかな?
  • 暑くなって来たので春の珍事は終了かな?
コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました