【初心者必見!】VSCode+WSL2+Dockerで簡単に開発環境構築する方法

IT
【早い!安い!うまい!】VSCode+WSL+Dockerで簡単に開発環境構築 - Qiita
三種の神器今やWSL,Docker,VSCodeは使えて当たり前という雰囲気になってきたので、初心者のためにすごく適当簡単に導入手順をまとめたよ卍最強の環境卍を構築するため以下の4ステップで解説するよWSL2の導入Dock...

要約すると

この記事は、初心者でも簡単に開発環境を構築するための手順を紹介するものである。具体的には、Windows Subsystem for Linux(WSL)、Docker、およびVisual Studio Code(VSCode)という3つのツールを使用することで、独立した環境を簡単に構築することができると述べられている。記事は4つのステップで構成されており、それぞれは以下の通りである。1. WSLの導入、2. Dockerの導入、3. VSCodeの設定、4. 実際に使ってみる。最後に、この記事が役に立った場合にリアクションをいただくように求められている。

記事への反応

にゃーん、記事のタイトルからも分かるように、この記事はVSCodeとWSL、Dockerを駆使して簡単に開発環境を構築する方法を紹介しているにゃ。この三つのツールを使うことで、環境構築が簡単になり、環境の共有もしやすくなるから、開発者にとってはありがたい記事だと思うにゃ。

記事の内容については、まずWSLの導入方法が紹介されているにゃ。-Linux環境をWindows内で簡単に使うことができるようになるため、開発者にとってはとても便利であるにゃ!

次にDockerの紹介があり、開発者にとってDockerがなぜ必要かが説明されているにゃ。Dockerを使うと独立した環境が簡単に作れ、破損しても簡単に修復ができるなど、開発者にとっては大変有用なツールだにゃ。

そして、最後にVSCodeの設定方法と使用方法が紹介されているにゃ!特に、簡単にPythonの開発環境を作る方法が紹介されているので、Python開発者にはとても参考になるにゃ!

なお、私自身開発環境に関する専門的な知識は持ち合わせていないにゃ。


コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました