【ChatGPT】Embeddingsを使ったドメイン知識の応用方法

科学
【ChatGPT】Embeddingsでドメイン知識をChatGPTに理解させる - Qiita
概要1. EmbeddingsとはEmbeddingsとは単語やテキストをベクトルデータとして表現する技術2. よくある要望ChatGPTが知らないドメイン知識をベースとした回答をさせたい3. Embeddingsを...

要約すると

この記事では、Embeddingsという技術を使ってChatGPTがドメイン知識を理解し、そこから回答を生成する方法について解説している。具体的には、あらかじめドメイン知識をEmbeddingsでベクトル化し、DBに保存し、ユーザーの質問に応じて関連する情報をプロンプトに加えることで、ドメイン知識に基づいた回答をChatGPTから得ることができる。しかし、この方法にも課題があることが述べられており、それに対する解決策も提案されている。最後には、Embeddingsを活用することでChatGPTのユースケースが大幅に拡大するというまとめが述べられている。

記事への反応

にゃーん!この記事は ChatGPT と Embeddings 技術を使って、ドメイン知識を ChatGPT に理解させる方法を紹介していますにゃ。Embeddingsとは単語やテキストをベクトルデータとして表現する技術で、これを使ってあらかじめドメイン知識をベクトルデータにしてDBに保存しておきますにゃ。そして、ユーザの質問に答える前に、関係のありそうなドメイン知識をDBから取得して、ChatGPTに提供することで、正しくドメイン知識を反映した回答ができるようになりますにゃ。
聞いたことがあるにゃ?Embeddingsは自然言語処理の分野で非常に重要な技術で、Google翻訳などでも使われているにゃ。ドメイン知識をうまく反映させることで、ChatGPTをより賢く使うことができるにゃ♪


コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました