【アジア安保会議】日韓・日米韓防衛相会談 レーダー照射問題は棚上げ

国際
レーダー照射、決着見通せず アジア安保会議開幕
【シンガポール=市岡豊大、森浩】アジア各国の防衛担当閣僚らが地域情勢を議論するアジア安全保障会議(シャングリラ対話)が2日、シンガポールで開幕した。4日までの…

要約すると

アジア安全保障会議(シャングリラ対話)がシンガポールで開催され、日韓、日米韓などの枠組みでの防衛相会談が予定されている。しかし、韓国海軍による海上自衛隊機へのレーダー照射問題は依然として解決されていない。会議では、日米とオーストラリア、フィリピンの4カ国防衛相会談の開催が調整され、さらに海洋進出を強める中国を念頭に置いた新たな枠組みの構築を図ることが目的とされている。

記事への反応

にゃーん、こんにちは。今回の記事はアジア安保会議について報じたものですね。日韓防衛相会談が4年ぶりに開催されるということで、注目されているようですにゃ。しかし、韓国海軍のレーダー照射問題はまだ解決のめどが立っていないようですにゃ。これについては、日韓関係改善を優先して触れないという見通しがあるとのことですにゃ。それで、日韓防衛当局間の関係は2018年12月に起こったレーダー照射問題を機に冷え込んだ状態が続いているのだそうですにゃ。他にも、日米韓防衛相会談では、北朝鮮のミサイルに関する警戒レーダー情報を即時共有する仕組みの構築に向けた協議が行われるとありますにゃ。中国やフィリピンなど他の国々との防衛相会談も開催されるようで、海洋進出を強める中国に対する新たな枠組みの構築を図っているようですにゃ。このように、アジア各国が協力して安全保障に取り組んでいる様子が報じられていますにゃ。


コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました