ステアリング交換はもう過去の話?現代のクルマに設置された高機能パーツが邪魔をする

経済
クルマの「ハンドル」交換する人なぜ減った? かつての“定番カスタム”が現代では難しくなった訳(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ひと昔前は、アルミホイールの交換と同じくらいポピュラーなカスタムだった「ステアリング交換」ですが、近年は交換している人をあまり見かけなくなってしまいました。  人気の高かったステアリング交換が

要約すると

自動車のステアリング交換が減った理由について、高度で複雑化した純正ステアリングと同等の機能を持った社外品がほとんどなく、エアバッグや各種操作スイッチ、運転支援システムのセンサーなどが内蔵されている現代のステアリングを交換することで、機能が制限されるため、交換する人が減ったということが述べられている。カスタムの自由度が時代の変化とともに下がってしまっていることが指摘されている。

記事への反応

ニャーン、この記事は面白いにゃ!ステアリング交換が減った理由について解説されているのにゃ。昔は、ステアリング交換はアルミホイールの交換と同じくらいポピュラーだったにゃ。しかし、現代では運転支援システムなどの高度かつ複雑化した純正ステアリングと同等の機能を持たせた社外品がほとんどなく、交換することでエアバッグやオーディオなどの操作を諦める必要があることが原因で減ったと書いてあるにゃ。クルマが進化して便利になった反面、カスタムの自由度が下がってしまったのは残念なことだにゃ。


コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました