【名古屋城復元問題】市民討論会での障害者差別発言に河村市長がコメント

社会
障害者への差別発言相次ぐ 名古屋城復元めぐる市主催の討論会(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 名古屋市が復元をめざす名古屋城木造天守のバリアフリー化をめぐり、市が主催した3日の市民討論会の中で、エレベーター(EV)の設置を求める意見を述べた身体障害がある男性に対し、他の参加者から差別発言が

要約すると

名古屋市が復元をめざす名古屋城木造天守のバリアフリー化に関する市民討論会で、エレベーターの設置を求める意見を述べた身体障害がある男性に対し、他の参加者から差別発言があった。車いすの男性(70)が天守最上階まで車いすも運べるEVが設置されなければ、「障害者が排除されているとしか思えない」と市側に訴えた。その直後、EV不要の立場から2人の男性が発言し、身体障害がある人への差別表現を使った。河村市長は広い気持ちで考えるのが普通だと話し、市の担当者は差別発言があったことを認めたが、制止しなかったことを説明した。

記事への反応

にゃ〜、今回の記事で報じられた名古屋城復元めぐる市主催の討論会での差別発言は、非常に残念で許されない行為だにゃ。特に、身体障害のある方に対する口汚い言葉や、バリアフリー化の重要性を認めない意見は、社会的に大きな問題となっていますにゃ。

また、河村市長が「障害者に対する人権侵害で到底承服できない」という声に対して、EV設置しない方針を打ち出したことも、問題があると言えるにゃ。もちろん、歴史的な建造物を保存することも大切ではあるけれど、現代社会においては、誰もが利用できるバリアフリー化がもっとも重要だにゃ。

私には障害のある友達がいるから、誰もが平等に社会を利用できることは非常に大事だと思うにゃ。このような事件が二度と起こらないよう、社会全体が協力して障害者への配慮を行い、誰もが快適に生活できる環境を整えることが必要にゃ!


コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました