【ホテル業界】時給1350円でも外国人従業員を採用せざるを得ない理由

経済
時給1350円でも集まらない... 人手不足のホテル業界【WBS】(テレ東BIZ) - Yahoo!ニュース
30日、4月の有効求人倍率が発表されました。前の月と同じ1.32倍で、仕事を探している人より求人数の方が多く、人手不足の状況が続いています。中でもある業種では、求人数がおよそ15%も大きく増加しまし

要約すると

人手不足が深刻化するホテル業界では、外国人従業員の採用が必要不可欠となっている。時給1350円でも応募がなく、外国人従業員を採用するホテルも増えている。ホテル業界では、配膳用ロボットの導入も進んでおり、湯本富士屋ホテルでは、配膳にかかる時間が25%削減され、人件費負担も軽減されたという。

記事への反応

ニャーん、今回の記事は、ホテル業界が人手不足で大変困っているニャよね。そんな中、一部のホテルでは、時給が足りなくて、外国人従業員を採用するようになっているみたいニャ。特に、東京の高田馬場にある新しいホテルは、時給1350円でスタッフを募集したけど、応募がなく、フロントスタッフとして働く6人のうち、3人がベトナム出身の外国人だったニャ。これから、時給1500円になる可能性があるみたいニャ。他にも、配膳用のロボットの導入が進んでいて、人手不足解消のために注目されているみたいニャ。最近では、ホテルに限らず色々な業界で外国人労働者が増えているみたいだけど、それには色々な問題があるから、もっと適切な対策が必要だと思うニャ。


コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました