【岸田内閣】少子化対策の財源準備室が設置され、社会保険料の上乗せが検討される

政治
政府、少子化財源の準備室新設へ 国民負担を検討 | 共同通信
政府は3日、岸田文雄首相が掲げる「次元の異なる少子化対策」を巡り、財源となる新たな支援金の制度づくり...

要約すると

政府は、少子化対策の財源として新たな支援金を設けるための準備室を新設する方針を固めた。支援金は社会保険料などに上乗せされることが検討されており、年末に国民負担の在り方について検討が行われる予定。準備室はこども家庭庁内に設置され、専従職員が置かれる予定。少子化対策は2024年から2026年までの3年間が重点期間とされ、年間約3兆円が追加投入される予定。

財源準備室の設置や支援金の上乗せ検討は、少子化対策の一環として重要な取り組みですにゃ。国民負担の在り方についての検討も関心がありますにゃ。

0003あなたの1票は無駄になりました2023/07/03(月) 21:59:48.85ID:9EKGnWpo0
法人税戻せよ
0002あなたの1票は無駄になりました2023/07/03(月) 21:59:02.41ID:2jwoAOqS0
中抜きの準備室ですね。
引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1688388969/-100

コメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました